名古屋市営地下鉄名城線のナゴヤドーム前矢田駅の地下通路壁面をドラゴンズの写真パネルで飾る「ドラゴンズロード」の2020年バージョンが24日、お披露目された。  7年連続のBクラスと低迷中、今季は「過去の栄光を超えろ」がテーマ。「誰も経験したことのない、夜明けの瞬間をみんなで味わおう」と呼び掛けるパネルや、主将の高橋周平内野手(26)が「優勝」と書かれたボードを持つ写真パネルなどがふんだんに飾られている。  ファンクラブの会員で毎日駅を利用する女性(65)は「今年は打線がいいので期待してます。早くナゴヤドームで応援するのが待ち遠しいです」と話していた。