DeNAのアレックス・ラミレス監督(45)とエース・今永昇太投手(26)が24日、阪神との練習試合前に取材対応し、新型コロナウイルス感染拡大に伴う開幕延期や練習試合中止について話した。

 4月24日のリーグ開幕を目指すことについて今永は「延期が発表されたので、それに合わせて行ければ」と新たな照準を設定した。それまでの1カ月については「皆がイレギュラーに対応しないといけない。難しいが自分の引き出しを増やすチャンスと思ってやりたい。練習の強度を落とさず、気持ちを維持したままやらないとケガにもつながる。1週間くらいは体を疲れさせて、キャンプ終了時くらいのコンディションにしたい」と、気持ちはキープしながら体をリセットする考えを明かした。

 24、25日は阪神との練習試合(横浜)だが、26日以降の予定は白紙。ラミレス監督は「いろいろな可能性があるが、まだ何も決めていない。自分がどうしたいかより、球団やいろんな方の意見を聞いて今後の方針を決めるのがベスト。状況は日々変わるので柔軟に対応して、その日までしっかり準備していく」と、ローテ投手が2軍戦で投げることも含め、具体案についてはこれから協議していく。