仙台は24日、CSKAモスクワ(ロシア)からポルティモネンセ(ポルトガル)に期限付き移籍していたFW西村拓真(23)が復帰すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を理由に、ポルティモネンセを退団。仙台には1月1日までの期限付きで復帰となる。  西村は20日に帰国しており、14日間は不要不急の外出を控えた後、4月3日にチームに合流する予定。2018年夏以来の復帰。グラブを通じ「満員のユアスタでファン、サポーターのみなさんと再会することを楽しみにしています」とコメントした。