女優の松雪泰子(47)が24日、東京都内で主演映画「甘いお酒でうがい」(大九明子監督、4月10日公開)の大ヒット祈願イベントに出席し、鏡開きを共演の黒木華(30)、清水尋也(20)と行った。

 お笑いコンビ「シソンヌ」のじろう(41)の小説が原作。松雪は、ちょっぴり後ろ向きだがポジティブに生きる、主人公の40代独身OLの川嶋佳子役。黒木は同僚の若林ちゃんを演じた。

 松雪は、出演の依頼時を振り返り「(作品に)丁寧にじっくり向かい合いたい時にすてきな作品を頂いた」と笑顔。黒木は松雪との共演を「間近でかわいい松雪さんを見られて毎日幸せでした」とうれしげに語った。

 鏡開きのたるの中身は酒ではなく花びらで、登壇者たちが会場にまいて春らしい演出をした。