中日のドラフト1位・石川昂弥内野手(18)=愛知・東邦高=が、25日の巨人との練習試合(ナゴヤドーム)で1軍先発デビューすることが決まった。  24日の2軍練習試合・オリックス戦(ナゴヤ球場)ではプロ初本塁打をマーク。1軍の試合を終えた与田監督は、ドラフト5位・岡林勇希外野手(18)=菰野高、高松渡内野手(20)とともに1軍デビューさせることを明かした。  

 当初は26日に1軍の練習に参加し、27日に予定されていたDeNAとの練習試合で1軍デビューを検討されていたが、26日以降の練習試合がなくなったことで、25日に1軍に合流することに。与田監督は「1軍のゲームの中で自分のいま出来ることを出してくれればいい。結果を恐れず、思い切ってプレーしてくれれば。スタメンの予定です」と語った。  その石川昂は「1軍の投手と初めてやるのですが、消極的にならず積極的に行きたい。開幕1軍もまだ少なからずチャンスがあるかなと思う。しっかりやりたい」と意気込んだ。