東京五輪の1年程度の延期が確実になったことに伴い、侍ジャパンの山中正竹強化本部長(72)は24日、今夏の五輪までの任期になっていた稲葉篤紀監督(47)に対し、「引き続きお願いしようと思っている。(東京)五輪までやっていただきたい」と契約延長を要請するとの意向を示した。

 稲葉監督は2017年7月に東京五輪までの任期で就任。昨秋の国際大会「プレミア12」では、侍ジャパンを世界一に導いた。山中本部長は東京五輪延期について「やむを得ないこと」と受け入れた上で、指揮官の手腕を「ここまでの積み重ねもある。ステップ・バイ・ステップで順調にきている」と評価。「今後も引き続きバックアップしたい」と話した。

 来春には、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)も予定されており、東京五輪とWBCの両大会ともに稲葉監督で臨む前提になる。侍ジャパン強化委員会の井原敦委員長(NPB事務局長)と山中本部長が中心となり、近日中にプロ側とアマ側の意見を集約して方針を固めていく。