新型コロナウイルスの影響で東京五輪が1年程度延期されることが決まったことを受け、日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長(62)25日、都内で報道陣の取材に応じ、「アスリートの安全を考えての苦渋の決断。理解していただきたい」と話した。  1980年モスクワ五輪でボイコットを経験した山下会長は「わたしももうすぐ63歳。人生いろいろあります。腐らずあきらめず、もう一度自分を奮い立たせて、気持ちを若々しくもって来年に向けてチャレンジしていってほしい」とアスリートに向けてメッセージを送った。