名古屋グランパスは25日、鳥栖から元日本代表FW金崎夢生(31)を期限付き移籍で獲得した。期間は2021年1月末まで。10〜12年以来の復帰となる。

 三重県出身の金崎は、滝川二高(兵庫)から2007年に大分入団。ニュルンベルク(ドイツ)、ポルティモネンセ(ポルトガル)などを経て18年7月に鳥栖に加入し、昨季は31試合7得点。今季開幕節は出場がなく、J1通算299試合64得点。グランパスを通じて「またサポーターの皆さんと一緒に闘えることを楽しみにしています」と抱負を述べた。