将来性豊かな高卒ルーキーの前で、即戦力の姿を見せつけた。岡野が5イニングを被安打4の無失点。球団では2005年の中田賢一(現阪神)以来15年ぶりの新人の開幕ローテ入りへ、また1歩前進した。

 「巨人戦は前回、ピンチで初球を打たれて失点した。反省を踏まえて、ピンチでも真っすぐで押したり、入りの1球に気を付けた。粘れたので、沖縄のときよりも進歩していると思います」

 2月19日の練習試合(那覇)は3イニング2失点。2本の適時打はいずれも初球だった。同じ相手と何度も戦うプロの世界。課題を克服しなければ、生き残ってはいけないことはわきまえていた。

 2回2死一、三塁では炭谷にカーブから入り、最後は内角への直球を続けて二ゴロ。5回2死二塁ではフルカウントからサインに4度首を振った末、吉川大をフォークで空振り三振に仕留めた。