阪神は26日、藤浪晋太郎投手(25)に新型コロナウイルス感染の疑いがあるとして、PCR検査を受けることを発表した。この日予定されていた阪神−ソフトバンク(鳴尾浜)の2軍の練習試合は急きょ中止となった。日本のプロ野球で選手に感染の疑いが出たのは初めて。

 日本野球機構(NPB)の井原事務局長は「昨日(25日)球団から報告を受けました。専門家チームの提言に従って、地域アドバイザーの先生に相談し、球団が対応します」と説明した。

 12日の新型コロナウイルス対策連絡会議で出された提言では、選手および家族も含めてチーム関係者に疑い例が出た場合の対応について、「チームドクターから各地域の専門家チーム・アドバイザーへの連絡」「濃厚接触者の抽出」などが示されている。関西地区では、大阪市立大の掛屋弘教授が地域アドバイザーとなっている。