◇26日 桜花賞(4月12日・G1・芝1600メートル・阪神競馬場)

 断然の1番人気に支持されながら6着と敗退した阪神JFからの巻き返しを狙うリアアメリア(牝3歳、栗東・中内田)が26日、栗東CWで追われた。軽快なアクションで6F87秒3。ラスト1Fは11秒6と切れのある伸びだった。

 「桜花賞への直行を決めたのは精神的にリラックスさせたかったから。具合はいいし、一つ成長した感じはあります。前走は6着も最後は脚を使ってくれています。まだ480キロ台の半ば。もう少し絞れると思う」と片山助手は順調な調整過程を強調した。