名古屋グランパスは26日、予定していた28日の練習試合の相手が横浜FC(午後2時キックオフ)に決まったと発表した。また、新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴って3度目の公式戦延期が決まったことを受け、練習試合後の29日から5日連続オフとすることも発表した。

 クラブはこれまで休止期間中も長期オフを設けず、週末に練習試合を組んで調整してきた。だが、25日の臨時実行委員会で次戦が最短で5月10日の広島戦(Eスタ)となることが決定。心身をリフレッシュさせるため、今季最長となる5日間のオフを決めた。

 試合は一般非公開となるが、動画配信サービス「DAZN」でライブ中継される。横浜FCは今季13年ぶりにJ1に昇格し、FW三浦知良、MF中村俊輔らが所属。グランパスにとっては、休止期間で磨いた連係を、J1相手に試す貴重な機会となる。