阪神で新型コロナウイルス騒動−。阪神は26日、藤浪晋太郎投手(25)が嗅覚障害を訴えたことから感染の疑いがあると指摘され、PCR検査を受けることになったと発表した。深夜に陽性であることが判明し、日本球界の選手が感染したケースは初めて。さらに藤浪と接触した他2選手が味覚障害を訴えており、同日のソフトバンクとの2軍練習試合(鳴尾浜)を急きょ中止。甲子園球場と鳴尾浜の2軍施設を封鎖し、4月1日までチームの活動休止を決めた。

 藤浪に新型コロナ感染した。球団によると、藤浪は24日にワインやコーヒーに対して「匂いを感じない」と嗅覚異常を訴えたという。谷本修球団副社長によると、発熱やせきなど風邪の症状もなく倦怠(けんたい)感もなかったことから、兵庫県内の耳鼻科と内科の病院でそれぞれ受診。このときは季節特有のアレルギーと診断されたが、その翌日の25日もコーヒーの匂いを感じなかった嗅覚障害の症状は改善されず…。再度、チームドクターの紹介で別の耳鼻咽喉科を受診。感染の可能性があるとの診断を受けた。

 即刻、保健所に連絡され、PCR検査を受ける運びとなった。NPBの12球団では18日に広報担当者会議を開き、選手や関係者がPCR検査を受ける際に公表する方針を確認。谷本修球団副社長は「本人も元気で(医療施設へ)自分で運転していきました」と説明したが、深夜に「陽性」が判明という最悪のシナリオとなった。

 すでに、阪神は藤浪に電話によるヒアリングを実施。18日の2軍のオリックス戦登板を含め、11日以降25日まで2週間の行動を確認し、14日に夕食を共にした複数の選手がいることも判明した。そのうちの選手一人が25日に「みそ汁の味が分からない」と味覚障害の症状を訴え、26日の朝になって、もう一人の選手も同じような味覚異常を申し出てきた。これを受け両選手に医療施設で受診するよう通達。藤浪が「陽性」と判明した以上、同様にPCR検査が必要とされるのは必至だ。

 突然の緊急事態にこの日、鳴尾浜で予定されていたソフトバンク2軍との練習試合は急きょ、中止。米国ではMLBやNBAの選手の新型コロナウイルス感染が確認されているが、ついに日本球界でも感染者が出た。当初の開幕を延期して4月24日を目標に定めたが、藤浪のPCR検査の結果「陽性」となり一体、どうなるのか。再び開幕時期の見直しを含め、球界はさらに大混乱に陥ることは避けられない。