フリーアナウンサーの高橋真麻(38)が1日、自身のブログを更新し、第1子をこのほど出産したことを報告した。所属事務所によると、性別や誕生日は公表していない。真麻は2018年12月に1歳年上の会社員と結婚している。

 ブログにはわが子をいとおしそうに見つめる真麻の顔を掲載。「わが子は、私が産まれた時と同じでガッツ石松さん似なのですが、これからどのように成長、変化してゆくのか楽しみです」とコメントしている。

 一方、真麻の父で俳優の高橋英樹(76)もこの日、自身のブログを更新し「初孫が誕生しました。 お陰様で 母子ともに健やかで 毎日 元気に 泣いているようです」と大喜び。

 この日午前10時45分の時点では新型コロナウイルスの影響のため孫と対面ができていなかったが「これから 退院いたしまして 初めての対面となりますので 大変ドキドキしております(笑)」とし、「私達夫婦は8年の月日を経まして真麻を授かりましたので こんなに早く初孫に恵まれ たくさんの方々の 支え 応援のおかげと 感謝!感謝!の気持ちでいっぱいです」と感激している。