『バハールの涙』ほか、ISと闘う女性を描いた2作品が連続公開

©2018 – Maneki Films – Wild Bunch – Arches Films – Gapbusters – 20 Steps Productions – RTBF (Télévision belge)

性被害に声を上げ被害者への連帯を示す「#Me Too」運動が広がり女性の権利が叫ばれ、国際的にもIS(イスラミックステート)への注目が高まるなか、相次いで公開されるISと闘った女性を描いた2作品を紹介する。

IS(イスラミックステート)と闘ったイラクの少数派ヤズディ教徒の女性たちを描いた『バハールの涙』が1月19日(土)より全国公開となるが、奇しくも同時期に、ISによる性暴力被害者であり、人心売買被害者の救済を訴え2018年のノーベル平和賞を受賞したナディア・ムラドさんの活動を追ったドキュメンタリー『ナディアの誓い−On Her Shoulders』も公開される。

『バハールの涙』 1月19日(土)公開 

©2018 – Maneki Films – Wild Bunch – Arches Films – Gapbusters – 20 Steps Productions – RTBF (Télévision belge)

女弁護士のバハールは愛する夫と息子と幸せに暮らしていた。しかし、ある日クルド人自治区の故郷の町でISの襲撃を受け、平穏な生活は断ち切られてしまう。男性は皆殺され、女性たちは性的奴隷として売買を繰り返され、少年たちはIS戦闘員の育成校に強制的に入れられた。バハールは人質にとられた息子を取り戻すため、そして「被害者でいるより戦いたい」という仲間の言葉に動かされ、女性武装部隊“太陽の女たち”を結成、銃を手に取り、最前線でISと戦う日々を送っていた―。『パターソン』のゴルシフテ・ファラハニが主演を務め、捕虜となった息子を助け出す為、銃を取って立ち上がったクルド人女性と、片眼の戦場ジャーナリストの“真実”の物語。

『ナディアの誓い−On Her Shoulders』 2月1日(金)公開 

(C)RYOT Films

イラク北部でISIS(イスラム国)による虐殺と性奴隷から逃れ、人々の希望となりノーベル平和賞2018年を受賞したナディア・ムラドに密着した感涙のドキュメンタリー。イラクの少数派であるヤズディ教徒として普通の生活を送っていた彼女はイラク北部の小さく静かな村で幸せに暮らしていたが、ISによる少数民族ヤジディ教徒の虐殺により人生が一変する。ISによって6人の兄弟と母親を殺害され、自身も拉致され性奴隷として人身売買される。脱出に成功した彼女はまだ捕らえられている同胞や、世界中の性暴力被害者のため、彼女は表舞台に立ち続けることを決意する。


関連記事

おすすめ情報

シネマズ PLUSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索