『仮面ライダークローズ』撮影現場で「オチョ」がブームに?メイキングへの収録も発表【完成披露舞台挨拶】

1月15日(火)、東京・新宿バルト9にて『ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ』の完成披露舞台挨拶が開催。主演の赤楚衛二、高田夏帆、永尾まりや、進藤学、滝裕可里、監督の山口恭平が登壇した。

左から、滝裕可里、高田夏帆、赤楚衛二、永尾まりや、進藤学、山口恭平監督

登壇者がひと通り挨拶を終えると、MCが「作品の感想を赤楚さんから客席へ聞いてください」とリクエストが。「映画、どうでした!?」と客席にマイクを向けると拍手が起こるものの、少し不安げに「楽しかった?」と続けると、客席から「よかったー!」と声が上がり、赤楚さんも笑顔を見せた。

脚本を読んだ感想を尋ねられると、「まず、台本をめくると自分と永徳さんの名前が1P目にあることがうれしかった」と主演を務めた喜びを語った赤楚さん。さらに「内容は重めといいますか、これは頑張っていかないといけないな」と当時の意気込みを語った。

また、滝さん、高田さんには、「テレビ放送本編後の世界ということで、演じる上で意識したことは?という質問が。しかし、2人とも「え〜?」「あった?」とピンときていない様子。リードした滝さんは「本編の撮影からすぐ始まったので、意識せずとも我らはそのままで」と、独特の口調でコメント。ちなみに、とある大きな仕事がなくなったことがきっかけで「ビルド」のオーディションを受けたという高田さんは、「仮面ライダーに出られたことが運命だったなと思って!」と興奮しながら語り、滝さんも「よかった〜!」と高田さんの手を握って、劇中さながらの仲のよさで会場を沸かせた。

映画の内容についての話題からは撮影中のエピソードも飛び出し、滝さんが「幻徳さんのスーツ姿を間近で見るのが…笑いをこらえるのが大変だった」と話すと、「不動産屋さんのおじさんみたいなやつでしょ(笑)?」と乗っかる赤楚さん。舞台挨拶には不在ながら、高田さんにも「愉快なおじさん」といわれてしまう、水上さんだった。ちなみに、スーツ姿で自転車を漕いでいたのが滝さんのツボにハマったそう。

さらに、話題が映画の内容に及ぶと、エボルトとの共闘について赤楚さんは「1年間戦ってきた相手と今さら仲よくなれるのかと思いきや…仲よくはなってないけど、意外と化学反応って面白いんだなと思いました」と語った。

また、今作のメガホンをとった山口監督がこだわったポイントとしては「舞台が新世界ということだったので、2人の暮らしているところに佐藤太郎や黒髪の龍我のポスターを貼ったり、茶髪の龍我が落書きしてたりとか、どういう生活をしているのかというのを小道具とかでも描くようにしました」とのこと。高田さんと永尾さんが「生理的に無理!」と話したという黒髪万丈のポスターも、今作の見どころのひとつと言えるよう(?)。

一方、ゲスト出演をした永尾まりやさんは、「みなさん本当に優しく話しかけてくれて、私も中に入れてくれるんだ、と優しいなと思いました」と語ったものの、演じたのが仮面ライダーを憎む役どころということで、芝居のために「赤楚くんとはあんまり仲よくしないでおこうかなと思ったけど、その前に私が人見知りだったと気づいて、全然しゃべらないっていう(笑)」と振り返る。そこから、人見知り同士、最初の共演がビンタのシーンでショックだったという話題も飛び出した。

永尾さんとの共演について高田さんは、「大事なシーンだなって思ったんですけど、現場ではキラキラネーム調べてたりとか、ほんわかしてた気がする」と話すと、永尾さんは「そうだね〜」と同意。さらに、「初めて会って演じた、初めてのシーンだったんですけど、夏帆ちゃんに『さっきちょっと甘噛みしたよね?』って言われて、私的にはそれが仲良くなったきっかけでした」と明かし、高田さんは「今聞くと、なんか厳しい女みたい」と思わず苦笑する一幕も。

そして、劇中で裸にジャケットを羽織っていたことにちなんで「今日はちゃんと着てます」とアピールして会場に笑いを起こした、もうひとりのゲスト・進藤さんは、オファーがあったときは変身しない役どころだと思っていたそう。

「変身します、と伺って、変身せずに一生を終えると思っていたので、『あ、僕も変身できるんだ!』と感動はひとしおでしたね。やっぱり、変身というふた文字は尊いものだと思いますから」と、その喜びを力説。

また、「僕が持っていたイメージでは仮面ライダーはさらっと変身すると思っていたんですが、いろんな作業があってびっくりしました(笑)。ノールックでボトルを刺したり、ぐるぐる回したり、今はこういうことになってるんだ!と思いました」と熱量たっぷりに語った。

「ノールックは1年やってきても難しいですよね」と赤楚さんに言われた山口監督は「難しいと思いますよ。でも進藤さんはスパーン!といきましたもんね」と絶賛。そんな進藤さんも実は、監督から「みんな最初はできないんですけど、結構できるんですよ」と言われたことがプレッシャーになっていたとか。

役づくりに関しては「偉い人から、進藤さんそのままで。オチョで」と言われたことに戸惑い、「わかりました!ってことで、本当はわかっていないんですけど。半分ノープランのままで現場に行ったんですけど、大丈夫だったんでしょうか?」とコメント。山口監督は「ノープランだったんですか!?」とリアルな驚きを見せていた。ちなみに、進藤さん曰く、「オチョは湧き上がるもので、作っていくものではないんです」とのこと。

そこから山口監督が「割と危なっかしいヤツというお話はしてたんですけど、進藤さんがもってきたのが、その斜め上をいくような感じで、『すみません!ちょっと抑えてください』というところもありましたよね(笑)」と話すと、「そうですね。僕、人生生きてきて、真っ直ぐだったりノーマルだった試しがないので。常に人と重なることがなくて。そんな人生を歩いてます」と自信たっぷりに言い切る進藤さんだった。

現場でも進藤さんが教える「オチョダンス」で盛り上がったそうで、「剣星さんが『お、楽しい』って呟いてました」と明かした滝さんに、進藤さんは「そういう年頃なんでしょう」と笑顔を浮かべた。

加えて、本作のDVD、BLDには、現場で「オチョダンス」を踊るキャストたちの姿が映ったメイキングも収録されることも明らかになった。

盛り上がった舞台挨拶は、赤楚さんからの挨拶で締めくくりとなるところ、最後の挨拶の前に赤楚さんから高田さんへのサプライズが。これまで、万丈が「ビルド」のヒロインだとネタで自称していた赤楚さんは、高田さんがショックを受けていたことをインタビューで知り、この場を借りて謝罪をしたいとのこと。

「すみませんでした!」と深々と90度のおじぎをした赤楚さんに、「許す!」と高田さん。赤楚さんは「『ビルド』のヒロインは夏帆ちゃんです!」と宣言し、高田さんからのハイタッチで和解(?)した。

最後の挨拶として「『ビルド』を1年間応援してくださったみなさまのおかげで、この場に立てたと思いますし、『ビルド』の世界に新たなお二人が加わって、新しい化学反応が生まれ、すごい作品が山口監督のおかげでできたなと思っています。撮影が、すごく暑かったんですよ。でもその暑い中、汗と汗と涙の結晶で、みんなで頑張ったので、もう一度見ていただけたらなと思います」と赤楚さんがコメントし、会場は拍手に包まれた。

『ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ』は、1月25日(金)から期間限定で劇場公開、4月24日(水)にBlu-ray、DVDが発売される。


関連記事

おすすめ情報

シネマズ PLUSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索