『バイス』場面写真一挙解禁|クリスチャン・ベール七変化

【場面写真】『バイス』4月5日(金)TOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開

アダム・マッケイ監督最新作『バイス』より、場面写真11枚が一挙解禁となった。

20代の若きディック・チェイニーから年寄りチェイニーまでを七変化で演じたクリスチャン・ベールは、見た目だけではなく表情からも、その時々の彼の置かれた状況や地位を伺うことができる。ブッシュを演じたサム・ロックウェルや他キャストも憑依レベルのそっくり度。

アダム・マッケイ監督が、「クリスチャン・ベール以外にこの役をできる人を思いつかなかったし、もし断られていたら、多分この映画を作ることはなかった。」と語るほどのラブコールを受けたクリスチャンが、アメリカを操り、成り上がっていった男ディック・チェイニーの20代から70代までを、体重を約20キロ激増し髪を剃り眉毛を脱色するなどの見た目だけでなく、演技の面でも完璧なアプローチで演じ、見事なまでにオスカー俳優の迫力を見せつける。日本時間1月16日(水)時点で映画賞を、20受賞、105ノミネートを記録し、すでに今年度のアカデミー賞®大本命として大きな注目を集めている。

ストーリー

「バイス」:バイス・プレジデント(副大統領)を指すだけでなく、“悪徳”や“邪悪”という意味もこめられている―ワイオミングの田舎の電気工から“事実上の大統領”に上り詰め、アメリカを自在に支配し、アメリカ史上最も権力を持ったチェイニー副大統領の姿の前代未聞の裏側を描いた社会派エンターテイメント!

公開情報

『バイス』4月5日(金)TOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開監督・脚本:アダム・マッケイ『マネー・ショート 華麗なる大逆転』出演:クリスチャン・ベール『ダークナイト』、エイミー・アダムス『アメリカン・ハッスル』、スティーヴ・カレル『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』、サム・ロックウェル『スリー・ビルボード』2018年/アメリカ/英語/132分/シネマスコープ/5.1ch/カラー/原題:VICE/日本語字幕:石田泰子/字幕監修:渡辺将人提供:バップ、ロングライド 配給:ロングライド公式サイト:http://longride.jp/vice/© 2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

■他の記事も読む


関連記事

おすすめ情報

シネマズ PLUSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索