【速報】『ボヘミアン・ラプソディ』興行収入100億円を突破!|ラミ・マレックのコメント到着

【ラミ・マレック コメント】『ボヘミアン・ラプソディ』大ヒット上映中

『ボヘミアン・ラプソディ』が、ついに興行収入100億円を突破。第91回アカデミー賞5部門ノミネート(作品賞、主演男優賞、編集賞、音響編集賞、録音賞)も発表となり、ラミ・マレックのコメントが到着した。

昨年11月9日の日本公開から75日目(11週目)となる1月22日までの累計興行収入が、ついに興行収入100億円を突破。累積動員727万0904人、累積興行収入100億4168万7580円となった。公開初週末から5週目まで週末の興行収入が前週対比より上がる異次元の右肩上がりとなった本作はまさに異例づくしの作品だ。

ラミ・マレックコメント

本作に関わったすべてのキャストやスタッフを代表してアカデミー会員に感謝します。そして、プロデューサーのグラハム・キング、編集のデニス・オサリヴァン、20世紀フォックス映画、ニューリージェンシー、そしてブライアン・メイとロジャー・テイラーと“クイーン”へ大感謝です。フレディ・マーキュリーを演じられたことは一生の宝もので、このノミネートは偉大なるフレディを称える勲章です。

“Thank you to the Academy for recognizing the work of so many from the cast and crew who made all of this possible. I’m beyond grateful to Graham King, Denis O’Sullivan, 20th Century Fox, New Regency and to Brian May, Roger Taylor and Queen. I have absolutely treasured playing Freddie Mercury and I am so profoundly humbled and thrilled to honor him this way.”– Rami Malek, BOHEMIAN RHAPSODY

公開情報

『ボヘミアン・ラプソディ』原題:Bohemian Rhapsody  監督:ブライアン・シンガー 製作:グラハム・キング/ジム・ビーチ 音楽総指揮:ブライアン・メイ(クイーン/ギター)/ロジャー・テイラー(クイーン/ドラム)出演:ラミ・マレック/ルーシー・ボイントン/グウィリム・リー/ジョー・マッゼロ/ベン・ハーディ/マイク・マイヤーズ/アレン・リーチ全米公開:11月2日 配給:20世紀フォックス映画© 2018 Twentieth Century Fox

■他の記事も読む


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

シネマズ PLUSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索