『決算!忠臣蔵』公開記念、中村義洋監督のオモシロ時代劇3選!

(C)2019「決算!忠臣蔵」製作委員会 

11月22日から『決算!忠臣蔵』が劇場公開されます。

“忠臣蔵”といえば、日本人なら知らぬ者はいない、今からおよそ300年前に実際に起きた47人の赤穂浪士による主君の仇討であり、それこそ日本映画界でも無声映画時代から美談として語り継いできた壮大な物語ではあります……。

が、では実際の討ち入りにいくらお金がかかったのか? を描いていくのがこの作品の大きな特色。

ここでは山本博文『「忠臣蔵」の決算書』を原作に、忠臣蔵をひとつのプロジェクトとみなして、江戸までの交通費や滞在費、生活費、食費、武具の調達などなど、予算の工面に悩みまくる赤穂藩家老の大石内蔵助(堤真一)や勘定方・矢頭長助(岡村隆史)らの苦労が面白おかしく、またおそらくは忠臣蔵映画として初めての関西弁台詞で描かれていきます(赤穂藩は現在の兵庫県)。

かつて日本の映画会社は「忠臣蔵映画を作れてようやく一人前」などと言われた時代もありましたが、このところ映画ファンのみならず幅広い層から支持されている『武士の家計簿』『武士の献立』『引っ越し大名』など経済面から見据えた時代劇路線のひとつの到達点として『決算!忠臣蔵』を捉えてよいかもしれません。

さて、本作を監督したのが中村義洋です。

1970年、茨城県の生まれ。大学在籍中より自主映画活動を始め、卒業後は崔洋一、平山秀幸、伊丹十三らに師事し、99年に監督デビュー。

『アヒルと鴨のコインロッカー』(06)『ゴールデンスランバー』(10)などの伊坂幸太郎原作作品や『チーム・バチスタの栄光』(08)『白ゆき姫殺人事件』(14)などベストセラー小説の映画化から、『みなさん、さようなら』(13)のようなヒューマンもの、『残穢 住んではいけない部屋』(16)のようなホラーなど多彩なジャンルに挑戦し続ける俊英の彼が、続いて挑んだのが時代劇でした。

今回は『決算!忠臣蔵』公開を記念して、中村監督が手掛けた時代劇(およびその系統作品)を紹介したいと思います。

利息で町の復興を図る『殿、利息でござる!』

(C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会

『殿、利息でござる!』(16)は中村監督初の時代劇で、18世紀後半の仙台藩吉岡宿の窮状を救った町人たちの実話を描いた作品で、中村監督としては初の時代劇。経済型時代劇映画ブームを切り開くきっかけとなった『武士の家計簿』の原作者・磯田道史の評伝『穀田屋十三郎』(『無私の日本人』所収)の映画化です。

当時、仙台藩では宿場町と宿場町の間の物資輸送を行う「伝馬役」に藩から助成金が出ていましたが、吉岡宿は藩の直轄領ではないために助成金が支給されず、町は困窮し続けていました。

造り酒屋の穀田屋十三郎(阿部サダヲ)らはこうした現状を案じて、宿の有志で集めたお金を藩に貸し、その利息を伝馬役にあてようと画策していくのですが……。中村監督は今から250年ほど前に起きた奇蹟的な町復興の美談を、ちょうど東日本大震災の勃発から5年経つ2016年の地方再生とも意識的に照らし合わせつつ、笑いと涙の感動秘話としてエネルギッシュかつスピーディに描いていきます。

登場人物の役回りが明快なので、どういったミッションを行っているのかがゲーム感覚でわかりやすく描出されているのも妙味。

安部サダヲをはじめ瑛太、妻夫木聡、寺脇康文ら芸達者な俳優陣が多数出演している中、地元・仙台出身のフィギュアスケート選手・羽生結弦もラストで特別出演しているのでお見逃しなく。

b_dtvb_hulub_hikarib_unextb_netflixb_amazonb_jcomb_auvideob_gyaob_rakutenb_itunesb_googleplay

戦国ニンジャ・アクション超大作『忍びの国』

忍びの国 ロゴ黒

 (C)2017 映画『忍びの国』製作委員会 (C)2008 和田竜/新潮社

中村監督が続けて手掛けた時代劇はニンジャ・アクション大作『忍びの国』です。

『のぼうの城』で知られる和田竜の同名小説を原作にしたもので、舞台は戦国時代。

1578年に始まる織田軍VS伊賀忍者衆の戦いを描いた“天正伊賀の乱”を背景にしたもので、嵐の大野智をはじめ石原さとみ、鈴木亮平、伊勢谷友介、知念侑季(Hey!Say!Jump)など人気若手スターらが敵味方に分かれつつ、それぞれの魅力がアグレッシブに、そしてコミカルに炸裂していく快作です。

殺陣を含むアクションは日本はもとより世界各国の古武術を導入したものとのことですが、それらをほとんど吹き替えなしで俳優らが実際に体現しており、その面でも見応え十分!

VFXもふんだんに使われていますが、中村監督はそれ以前に3Dファンタジー映画『映画 怪物くん』(11)も手掛けていて、その手の扱いに精通していたこともあって、ここではさらなるダイナミックな描出に成功しています。(そういえば『映画 怪物くん』も、主演は大野智。中村監督はここで既に彼の魅力を見出した上での『忍びの国』の彼の好演に繋がっているようにも思えてなりません)

中村時代劇の原点のような現代劇『ちょんまげぷりん』

ちょんまげぷりん [DVD]

荒木源の小説を原作とする『ちょんまげぷりん』(10)は時代劇ではなく現代劇ですが、中村監督のその後の時代劇路線を示唆したものとして見逃してはならないものがあるかと思います。

ストーリーは江戸時代からタイムスリップしてきた侍・木島安兵衛(錦戸亮)がシングルマザー遊佐ひろ子(ともさかりえ)と息子・友也(鈴木福)の住む家に居候することになり、家事全般を引き受けているうちにプリンをはじめとするお菓子作りの才能に開花! やがてコンテストに出場して人気パティシエになっていく……というもの。

これが映画初出演となった関ジャニ∞の錦戸亮が、生来の柔軟な魅力の中に侍ならではの凛とした古風な雰囲気を忍ばせつつ好演。

タイムスリップものだけにツッコミどころも満載ですが、それらもまた楽しくワイワイ語りあえるのが本作の長所で、プリンの扱い方も実に気が利いております。

またここでのハートウォーミングかつコミカルな味わいこそ中村映画の本質であり、この作品をご覧になった上で上記2作の時代劇および『決算!忠臣蔵』に接すると、より一層作品世界を深く楽しめることでしょう。

(文:増當竜也)


関連記事

おすすめ情報

シネマズ PLUSの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る