『東京喰種 トーキョーグール』窪田正孝が100点満点で500億点!キャストの素晴らしさと原作愛を全力で語る!

■『東京喰種 トーキョーグール』関連記事

東京喰種 トーキョーグール 本ポスター

(C)2017「東京喰種」製作委員会

現在公開中の『東京喰種 トーキョーグール』は、マンガの実写映画化作品における新たなスタンダード、理想であり完成形と呼ぶべき秀作でした!その豪華キャスト勢の素晴らしさ、原作マンガへの愛や、面白さを全力で語ります!

1:窪田正孝に母性本能がくすぐられまくる!小笠原海との絡みも眼福だ!

まず、主演の窪田正孝の素晴らしさを語らねばなりますまい!原作マンガに輪をかけて主人公が超純朴な青年になっており、想い人へのデートを提案された時の“挙動不審っぷり”から母性本能がくすぐられまくります!

東京喰種 トーキョーグール サブ6

(C)2017「東京喰種」製作委員会

彼はその後に“望まない戦い”に身を投じることになるのですが、その葛藤の苦悶の表現が鬼気迫るという言葉では足りないすさまじさ!「役に入り込みすぎて怖い!」「実生活に悪影響が出るんじゃないか?」と心配になるほどでした。

また、窪田正孝の親友を演じた小笠原海との絡み、ブロマンスっぷりも見どころになっています。しかも、“親友を捕食してしまうかもしれない”シーンで“気絶した小笠原海の顔を◯◯る”のは窪田さんのアドリブだったのだとか!原作マンガよりもさらに過激で、かつ作中でも屈指の名シーンになっていましたよ!

東京喰種 トーキョーグール 小笠原海

(C)2017「東京喰種」製作委員会

余談ですが、2015年の『エイプリルフールズ』でも窪田さんは男に突然告白されるという、BL(ボーイズラブ)な展開に巻き込まれる青年を違和感なく演じていました。こちらもファンは必見ですよ。

2:「仮面ライダーウィザード」の主役がクズ野郎に!白石隼也の悪役を見逃すな!

白石隼也演じる悪役……というかクズ野郎も素晴らしかったです!東京喰種 トーキョーグール 白石隼也/西尾錦

(C)2017「東京喰種」製作委員会

原作マンガでもいい意味で大嫌いなキャラでしたが、今回の実写映画では輪をかけてクズにしか見えない!出演時間があまり長くないにも関わらず50回くらい殴りたくなりました(※褒めています)。「仮面ライダー ウィーザード」の主役に何をやらせているんだよ!最高かよ!

白石さんは『GANTZ』2部作や『のぞきめ』でも正義感の強い人物を演じていたのに、まったくの正反対な役柄でも完璧に演じられているのがすごい!原作からほんの少しだけ変わった悪辣なセリフの数々には本気で神経を逆なでされまくりでした(※褒めています)。こうしてイケメンやアイドルが、本人のイメージを顧みないキャラを演じきっていると一気にファンになりますね。

3:ドSな清水富美加と蒼井優も最高!3次元の萌えが詰まっている!

清水富美加と蒼井優が“ドSな態度で迫ってくれる”ということも特筆しなければならないでしょう!

清水さんは味方サイドのキャラにも関わらず「てめえに(肉じゃがを)あげるわけねえだろ」などとキツいもの言いをしたり、トレーニングシーンでは力強い前蹴りを繰り出すなど、精神的も肉体的にも主人公を追い詰めてくれます。特殊な趣味を持つ人にはたまりませんし、なおかつツンデレ気味なところもあるのだからたまりません(割合はツン:デレ=95:5くらい)。

東京喰種 トーキョーグール 清水富美加

(C)2017「東京喰種」製作委員会

蒼井優の役にはとあるサプライズがある(原作を読んでいる方には既知のことですが)ので詳細は秘密にしておきますが、「こんなことを言わせていいのかよ!」と心配になるほどにヤバい!ベテラン女優の本気を思い知らされるでしょう。

東京喰種 トーキョーグール 蒼井優

(C)2017「東京喰種」製作委員会

「ドSな女の子ばっかりじゃいやだ」と思っている方もご安心を。若干14歳の桜田ひよりはおとなしく、笑顔もかわいらしく、“守ってあげたくなる”魅力がたっぷりの美少女です。なおかつ「お兄ちゃん」と主人公を呼んでくれます。圧倒的な妹萌えです。

おわかりいただけたでしょうか。つまり映画『東京喰種』は、

・20代前半の清水富美加がドSのうえにちょっとツンデレ・年上(アラサー)の魅力を振りまく蒼井優がマジでドS・美少女(女子中学生)に「お兄ちゃん」と呼ばれる

という、3次元の萌えが詰まった作品なのです。あらゆる世代の男子は、窪田正孝に自身を投影すれば、至福の時間を過ごせることは間違いないですよ!

4:メインキャラだけでなく脇役も完璧!原作マンガのキャラの魅力をさらに引き出した!

以上にあげたキャストの他、鈴木伸之が極端に生真面目なキャラにぴったりハマっていたり、コミカルなキャラをよく演じていた大泉洋が“狂気的”な面も見せる良い意味で現実ではありえなさそうなキャラを熱演していたり、喫茶店の店主を演じているのが『スター・ウォーズ』シリーズなどでハリソン・フォードを担当したほか、『美女と野獣』(2017年版)でも吹替を担当していた村井國夫でめちゃくちゃ声が渋くてカッコよかったり、『桐島、部活やめるってよ』などで三枚目なキャラをよく演じていた前野朋哉が(原作と多少イメージが違っても)抜群の存在感を見せつけていたりと……ああ、キャストの素晴らしさを語ると文字数がいくらあっても足らない!

東京喰種 トーキョーグール サブ2

(C)2017「東京喰種」製作委員会

つまり、『東京喰種』のキャスティングは完璧であり、役者たちは期待に2000%くらいの力で応えている、ということです。しかも原作マンガのイメージそのまま、いや、さらにキャラの魅力を引き出している方が多い!キャストのファンにとってこれ以上の必見作はあるでしょうか?これほどまでに語っても観てくれないのですか?いや観ろ!観てください!(懇願)

なお、キャストの演技と原作の再現度は、「シネマズ by 松竹」のライター陣も絶賛しています。ぜひ、合わせて読んでいただきたいです。

・話題必須!一足お先に『東京喰種 トーキョーグール』を見た感想。

・窪田正孝の怪演再び!『東京喰種 トーキョーグール』での演技はマジで必見!

・『東京喰種 トーキョーグール』、原作再現度が気になるファンこそ知って欲しい!その完成度の高さ!

・いままで見たことのない大泉洋が、『東京喰種 トーキョーグール』にはある

5:原作からの改変も見事!“映画ならでは”の工夫も盛り沢山だ!

原作マンガは全14巻(第2部も現在連載中)という長編で、映画では単行本の3巻までの内容が盛り込まれています。言うまでもなく、映画では2時間という時間の制約の中でその濃密な物語を語らねばならないのですが……いやはや、実に見事な“原作からの再構成”でした!セリフの一部を省略してコンパクトにまとめたり、場所の移動を最小限にするなど、数多くの工夫が凝らされているのですから!

さらに、“映画という媒体で映えるようにするため”の工夫もされています。原作では主人公のモノローグ(ナレーション)がけっこう多いのですが、映画ではそれがほぼなくなり、映像(演出)だけで彼の心情が伝わるようになっています。特に、主人公が“ハンバーグを食べられなくなる”シーンは出色!何も言葉で語らずとも、見た目ではおいしそうなはずのハンバーグに、主人公がその“焼ける音”などに嫌悪感を抱いていることが、存分にわかるのです。

東京喰種 トーキョーグール 窪田正孝

(C)2017「東京喰種」製作委員会

さらに、主人公が“コーヒーを飲む”シーンも素晴らしい!詳しくはぜひ観ていただきたいのですが、これまで苦しんできた主人公がようやく“安堵できる”場面となっているのです。今までの“安心できるコミュニティ”から外れてしまい、理不尽に辛い経験をし続けた主人公が、ようやく食べる(飲む)シーンで安心して涙を流す……というのは『千と千尋の神隠し』を連想しました。

なお、原作から一部が省略されていると前述しましたが、特に重要なセリフやシーンはキチンと拾われています。レベルの高いCGでのバトルの数々、重めで美しい美術、PG12指定ギリギリの残酷描写など、ビジュアルにも文句がないですし、原作ファンにとっても大満足な1本に仕上がっているのではないでしょうか。

東京喰種 トーキョーグール サブ1

(C)2017「東京喰種」製作委員会

6:主題歌は『君の名は。』の音楽も手掛けたあの人によるものだった!

主題歌(エンドロールで流れる楽曲)は、『君の名は。』でもおなじみ、RADWINMPSのボーカル野田洋次郎のソロプロジェクト“illion”による「BANKA」です。美しい伴奏と旋律は、悲しい物語が紡がれた映画とベストマッチでした!

その歌詞の意味を噛みしめてほしいです。今いる世界でうまく生きられなくても、それでも希望を捨てない主人公、そして喰種(グール)たちの気持ちを表しているかのようでした。

7:ちょっと残念に思った難点も……でもトータルではマンガの実写化作品として理想的だ!

これまで絶賛をしてきましたが……正直に申し上げて、残念に感じたところもありました。

その難点の1つが、喰種に対抗する人間たちの組織の“爪の甘さ”を感じてしまうこと。この組織は情け容赦のない、目的のためなら手段を選ばない存在として語られているはずなのですが、せっかく見つけた怪しい人物(主人公)の後をつけなかったり、どう考えても逃してはいけない人物(喰種の若い娘)をみすみす逃してしまったりするのです。いずれも原作マンガでは納得できるフォローがあるのですが、映画ではほんのわずかな描写の省略のために不自然になってしまっていました。

ラストバトルで、キャラたちが自分の主義主張をぶつけ合うことも、個人的には少し違和感が。原作を再現したシーンなので苦言を呈するのもナンセンスではあるのですが、自分のペースで読めるマンガでは違和感がなくても、映画というリアルな時間で体感できる媒体では居心地の悪さを覚えてしまったのです。

しかし、それらの難点も「ここがもうちょっと工夫されていれば完璧だったのに!」という程度のこと。これまで書いてきたように、窪田正孝を始めとするキャスト陣の熱演は100点満点で500億点をつけたいほどで、原作への愛に溢れながらも映画ならではの工夫も満載という、実写映画化作品として理想的、難点をすべて打ち消すほどの素晴らしさがあるのですから!以上の難点は、原作を読んで“補完”することで、納得できることでもありますしね。

悪いことは言いません。原作マンガのファン、豪華キャストのファン、そして映画ファンは『東京喰種』を映画館で観ようではありませんか!「もうマンガの実写映画には期待しないなんて言わせない!」と思うほどの、クオリティの高さと、スタッフたち熱量を感じられるはずです。

■他の『東京喰種 トーキョーグール』関連記事もチェックしてみる

■このライターの記事をもっと読みたい方は、こちら

(文:ヒナタカ)

関連記事

おすすめ情報

シネマズ by 松竹の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索