松坂桃李&竹野内豊が最低男に!蒼井優と阿部サダヲのW主演映画

松坂桃李&竹野内豊が最低男に!蒼井優と阿部サダヲのW主演映画

 作家・沼田まほかるの “イヤミス”(読むとイヤな気持ちになるミステリー)を蒼井優と阿部サダヲのダブル主演で実写映画化する『彼女がその名を知らない鳥たち』に松坂桃李と竹野内豊が出演し、最低な人間を演じることが明らかになった。自分たちの役柄について松坂は「薄っぺらい男」、竹野内は「救いようのない人物」とそれぞれコメントしている。

 蒼井が妻子ある男と関係を持ち、情事に溺れていく「最低なヒロイン」役に挑戦している本作は、沼田の人気ミステリー小説が原作。8年前に別れた男のことが忘れられない十和子(蒼井)は15歳年上の陣冶(阿部)と暮らしているが、働きもせず自堕落な生活を送っていた。下品で地位も金もない陣冶を軽蔑する十和子はある日、家庭を持つ男に元カレの面影を感じて関係を持つことになり……。

 高級デパートの時計売り場の主任として働き、家庭がありながら十和子との不倫に溺れていく水島真役を担当したのは松坂。自分の性欲のためだけに動き、話す内容はとにかく薄っぺらいという役どころだ。松坂は今作が蒼井と初共演で、映像作品としては初めての濡れ場に挑戦しているが、「蒼井さんは『すごい』の一言。数々の作品の先頭に立って、走って、何かを残し続けてきた人のすごさを、お芝居を通して体感できました」と撮影を振り返っている。

 一方、十和子の昔の恋人・黒崎俊一は、『シン・ゴジラ』の内閣総理大臣補佐官役も記憶に新しい竹野内が演じた。スマートで羽振りもよく、女性を喜ばせる所作に長けているが、上昇志向が強く、自身の出世や保身のためなら女を道具に使うことすらいとわない黒崎は、十和子と別れる時に、彼女の体にも心にも残るひどい仕打ちをした最低の男だ。竹野内も今回が蒼井と初共演だったが、その印象を「蒼井さんは役者である前に、人として生きていく指針をご自身の中にしっかり持っていらっしゃる方」と明かしている。

 最低なキャラクターばかりが登場し、「大人のラブストーリー」が展開される本作は、『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』などの白石和彌監督がメガホンを取っている。(編集部・海江田宗)

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』は10月に全国公開

ニュースをもっと見る

関連記事

シネマトゥデイの他の記事もみる

主要なニュース

主要なニュースをもっと見る

04時42分更新

社会のニュースをもっと見る

02時04分更新

経済のニュースをもっと見る

23時29分更新

政治のニュースをもっと見る

00時50分更新

国際・科学のニュースをもっと見る

01時42分更新

エンタメのニュースをもっと見る

22時28分更新

スポーツのニュースをもっと見る

04時30分更新

トレンドのニュースをもっと見る

19時41分更新

仕事術のニュースをもっと見る

16時10分更新

生活術のニュースをもっと見る

19時08分更新

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索