『スパイキッズ』母女優、ホラー「丘の屋敷」ドラマ化に出演

『スパイキッズ』母女優、ホラー「丘の屋敷」ドラマ化に出演

 映画『スパイキッズ』の母親役や米テレビドラマ「ウェイワード・パインズ 出口のない街」のケイト役で知られるカーラ・グギーノが、Netflixの新ホラードラマで主人公の一人を演じるとDeadlineなどが報じた。

 タイトル未定の同ドラマは、シャーリイ・ジャクスン著の1959年の小説「丘の屋敷」を基にした10エピソードの作品になるとのこと。小説は、超常現象を研究している学者が幽霊屋敷と呼ばれている家を借り、パラノーマル体験をした人たちを招待して屋敷で一緒に時間を過ごすというもの。

 「ゲーム・オブ・スローンズ」のダーリオ・ナハーリス役のミキール・ハースマンが、この屋敷に家族と住んでいたことがある超常現象作家スティーヴン・クレーンを演じることがすでに発表されている。脚本、監督、製作総指揮は『オキュラス/怨霊鏡』や『ウィジャ ビギニング 〜呪い襲い殺す〜』(日本劇場未公開)など、ホラージャンルで知られるマイク・フラナガンが務める。(澤田理沙)

シネマトゥデイの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索