実写版『アラジン』ジャファー俳優決定か

実写版『アラジン』ジャファー俳優決定か

 映画『シャーロック・ホームズ』シリーズなどのガイ・リッチー監督がメガホンを取るディズニー実写版『アラジン』で、チュニジア系オランダ人俳優マーワン・ケンザリがジャファー役で出演交渉中であることが明らかになった。The Hollywood Reporter などが報じた。

 ジャファーは、砂漠に囲まれた都アグラバーの宮殿にいる邪悪な大臣。イアーゴというオウムを手下に、魔法のランプを手に入れ王位に就こうとしている悪役だ。マーワンは近年『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』やリメイク版『ベン・ハー』(2016)に出演しているほか、今冬公開予定の『オリエント急行殺人事件』にもキャスティングされている34歳の注目株だ。

 また、プリンセス・ジャスミンの侍女で友人でもある新キャラクター・マーラ役として、イラン系アメリカ人コメディエンヌ、ナシム・ペドラドが抜てきされた。

 ランプの魔人ジーニー役はウィル・スミス、主人公アラジン役はミーナ・マスード、ジャスミン役はナオミ・スコットにすでに決まっている。(編集部・市川遥)

シネマトゥデイの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索