「HAWAII FIVE-0」チン俳優、降板は揺るぎない自尊心を保つため

「HAWAII FIVE-0」チン俳優、降板は揺るぎない自尊心を保つため

 先月、コノ・カラカウア役のグレイス・パークと共に米テレビドラマ「HAWAII FIVE-0」を降板したチン・ホー・ケリー役のダニエル・デイ・キムが、テレビ批評家協会の夏のプレスツアーで降板理由について改めてコメントした。

 The Hollywood Reporter などによると、ダニエルはエグゼクティブプロデューサーを務める韓国ドラマのリメイク「ザ・グッド・ドクター(原題) / The Good Doctor」のプロモーションで出席。「『HAWAII FIVE-0』は7年の間、僕の人生においてとても大事な一部でした。機会を与えてくれたCBS局とドラマの関係者全員に感謝しています。(CBSエンターテインメントの社長)ケリー(・カール)と(CBS SEVP プログラミングの)トム(・シャーマン)とは前からの知り合いで、トムとは『LOST』の頃に会いました。彼らのことを知っているし、好きだし、先日のディスカッションパネルでの彼らのコメントもありがたく思っています。とは言うものの、与えられた機会に感謝し、仕事仲間への敬意を抱きながら、揺るぎない自尊心を保つことも可能なんです」と語っている。

 「いいことはいつか終わりを迎えます。僕は『HAWAII FIVE-0』の章を閉じ、『ザ・グッド・ドクター(原題)』で新たな章を開きます」と続け、ブレイクのきっかけとなった「LOST」の放送局ABCに戻れることをうれしく思うと付け加えた。

 先日の「HAWAII FIVE-0」のディスカッションパネルでケリーは、ダニエルとグレイスには去ってほしくなく、できる限りのことをし、高額なギャラもオファーしたとコメント。キャストの降板はロングランのシリーズでは避けられないものだと言いながらも、何度も彼らを引き留める努力をしたことを強調していた。(澤田理沙)

シネマトゥデイの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索