「ワンス・アポン・ア・タイム」新シーズン、悪い女王はレジーナから別のキャラに

「ワンス・アポン・ア・タイム」新シーズン、悪い女王はレジーナから別のキャラに

 主要キャストが降板し、ストーリーをリセットして始まる米テレビドラマ「ワンス・アポン・ア・タイム」の第7シーズンでは、悪い女王のもう一つの顔がレジーナ・ミルズではなくなるという。

 レジーナ/悪い女王を演じてきたラナ・パリーヤは、テレビ批評家協会の夏のプレスツアーで自分のキャラクターはレジーナという名前ではなくなっているとコメント。「もうパンツスーツを着ていないの。今はジーンズとロックのTシャツ。新たなバージョンのレジーナはバーで働いていて、ぶっきらぼうな性格よ」とラナは説明。見かけも様子も違う彼女は、もう人を率いる立場ではないとのこと。「このレジーナはまったく違うものなの。わたしもまだ手探り状態。周囲も彼女のことを探ろうとしていて、新鮮よ」と言い、新しい名前については見てのお楽しみだと語った。The Wrapなどによると、名前はロニーになるらしい。

 TVLineなどによると、シアトルを舞台にした新シーズンではゴールド/ルンペルシュティルツキン、キリアン・ジョーンズ/フック船長もこれまでとはちょっと違うキャラクターに仕上がっているらしい。(澤田理沙)

関連記事

シネマトゥデイの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索