上半期興収1位は『美女と野獣』!ベストテン中8本に洋画 - 上半期映画ランキング

上半期興収1位は『美女と野獣』!ベストテン中8本に洋画 - 上半期映画ランキング

 2017年上半期(2016年冬〜2017年6月公開作品)の映画作品(洋画・邦画総合)興行収入ベストテンが文化通信社より発表され、1991年公開のディズニーアニメの名作をエマ・ワトソン主演で実写映画化した『美女と野獣』が上半期ナンバーワンを記録した。

 同作の最終興収は125億円(以下、数字は一部推定)。配給のウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンとしては、昨年上半期の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(公開日は2015年12月)に続き、2年連続での興収100億円突破作品となった。そして2位には「ハリー・ポッター」新シリーズとなる『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』がランクイン。上位2作品が実写洋画作品となった。

 映画界ではここしばらく“邦高洋低”の傾向が続いてきたが、今年の上半期はベストテン中8本が、洋画で占められるなど洋画の強さが際立った。一方の邦画作品はアニメ作品が2本入ったのみで、邦画の実写作品は1本も入っていない。数字で見ても邦画の上位10作品の合計が約297億円であるのに対して、洋画の上位10作品の合計は約513億円と圧倒的。昨年の上半期洋画上位10作品の合計興収が約359億円であったことからも、今年上半期の洋画が好調だったことがうかがい知れる。

 今回、邦画でランクインしたのは、3位の『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』と、7位の『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』。両作品ともシリーズ最高興収を更新しており、全体的に邦画が伸び悩む中、定番アニメシリーズの強さを見せつけた。また、洋画アニメ作品ではディズニーの『モアナと伝説の海』、ユニバーサル・スタジオ/イルミネーション・スタジオの『SING/シング』の2作品がランクイン。洋邦合わせてアニメは4作品がベストテン入りを果たしている。

 今年の夏も『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』『怪盗グルーのミニオン大脱走』という洋画作品が大ヒットを記録中であることから、まだまだ洋画好調の傾向は続きそう。そこに邦画作品がどれだけ食い込むことができるのか。下半期の推移にも注目したい。(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(取材・文:壬生智裕)

【2017年の上半期外国映画興収ランキングトップ10】(最終興収の数字は一部推定)
1『美女と野獣』125億円
2『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』73億円
3『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』68億7,000万円
4『モアナと伝説の海』51億5,000万円
5『SING/シング』51〜52億円
6『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』46億3,000万円
7『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』44億3,000万円
8『ラ・ラ・ランド』44億円
9『バイオハザード:ザ・ファイナル』42億7,000万円
10『ワイルド・スピード ICE BREAK』41〜42億円

シネマトゥデイの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索