アメリカ版ジェームズ・ボンド!「ジャック・ライアン」主演が明かす役作り

アメリカ版ジェームズ・ボンド!「ジャック・ライアン」主演が明かす役作り

 話題のAmazonドラマ「トム・クランシーズ・ジャック・ライアン(原題) / Tom Clancy’s Jack Ryan」について、ジョン・クラシンスキー、アビー・コーニッシュ、製作総指揮のカールトン・キューズとグレアム・ローランドが、10月7日(現地時間)ニューヨークのコミコンで語った。

 全8話から成る第1シーズンでは、CIAの分析官としてキャリアをスタートさせたジャック・ライアン(ジョン)が、テロリストのコミュニケーションのパターンを追跡していくうちに、危険にさらされていく。

 テレビシリーズ化のきっかけについて、製作総指揮を務めたカールトンは「僕はトム・クランシー作品の大ファンなんだ。だから、ジャック・ライアンシリーズのリブートをオファーされて飛びついたんだよ。僕らは典型的なアメリカのヒーローであるジャック・ライアンのような人物が、このような(テロリストなどの)不安定な世界の中で、相手(敵)に立ちはだかってくれたらと望んでいたし、そんなストーリーを描くのは、今がまさに最適だと感じたんだ」と語る。実際、同作では現代の世界情勢が反映されている。

 ジャック・ライアンはアメリカ版のジェームズ・ボンドだという主演のジョンは「社会に変化をもたらすリアルな人々に関して興味があったから、CIAにも行ってみたんだ。CIAは何事も機密の社会で、襟を立てているようなイメージだったけど、実際にはごく普通だったね。でも人並み外れた才能を持った人たちであることは明確だったよ」と役作りを振り返った。

 ヒロインのキャシーを演じたアビーは「キャシーの父親がホストのパーティーで、ジャックと初めて会うの。だから、ある意味、偶然に二人は出会うのよ。ジャックに声をかけられ、すぐに意気投合して、その後二人はデートすることになるわ。彼女は伝染病の医者で、伝染病を“脅威”と見なすCIAにとって、シリーズ後半では彼女の医者の設定が役に立っていくのよ」と説明した。

 同じく製作総指揮を務めたグレアムは信ぴょう性が重要だと語る。「トム・クランシーの原作は、彼自身が多くのリサーチをしてきたことで、観客も(社会情勢が)的確な世界に誘われた気がするんだ。だから、その伝統を今作でも受け継がなければならないと僕とカールトンは思ったんだ」と話し、さまざまな分野で、コンサルタントを付けたことも明かした。(取材・文・細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

関連記事

シネマトゥデイの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索