ナタリー・ポートマン、セクハラ経験「100回」

ナタリー・ポートマン、セクハラ経験「100回」

 映画『ブラック・スワン』などの女優ナタリー・ポートマンが、ハリウッドの映画業界で受けたセクハラは「100回にも上るほど多い」とポップカルチャーイベント Vulture Festival のパネルに出席して明かした。

 ハリウッドで大騒動になっているセクハラ問題について、ナタリーは「今回明らかになったことを聞いた時、ワオ、そんな経験のないわたしはとてもラッキーだったのね、と思った。でもその後よく考えてみると、確かに暴行されたことはないけど、ある意味、ほとんど全てのプロジェクトで差別かハラスメントを受けていた。『待って、わたしには100回に上るほど多くそうした経験があるわ』と思ったの」とコメント。「最初のわたしのように考えてしまった人は多いと思う。“これはプロセスの一部なんだ”と考えるようになってしまっていたの」。

 ある時には、プロデューサーからプライベートジェットで移動しようと誘われ、ほかにも人がいたため問題ないだろうと応じたところ、実際その飛行機に乗ったのは彼女とそのプロデューサーの二人だけで、中には一台のベッドが用意されていたという。ナタリーは「何も起こらなかった。暴行はされなかった。わたしは『これは居心地よくないわ』と言って、その意見が聞き入れられたわけだけど、全然OKじゃない。本当に受け入れがたく、いいようにされていると感じたし、怖かった」と振り返った。

 また、子役時代に『レオン』で鮮烈なデビューを果たすと自分のことを「ロリータ」のようだと言う人ばかりで恐ろしくなったというナタリー。「それもセクハラの話に通じるものがあると思う」と続けていた。(BANG Media International)

関連記事

シネマトゥデイの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索