織田裕二、顔面崩壊!?新ドラマの直球演技に注目

織田裕二、顔面崩壊!?新ドラマの直球演技に注目

 俳優の織田裕二が12日、都内で行われた「連続ドラマW 監査役 野崎修平」完成披露試写会に出席し、「こんなに周囲に先輩方の多い作品も久しぶり。新人に戻った気分でした」と本作の感想を述べ、演技面ではそんな先輩俳優陣を相手に「変化球無し、ストレートだけを投げ続けた」と熱い芝居を展開したことを報告。「目を見開いたり叫んだり。途中から顔面崩壊していくと思いますので心して観てください」と話して客席を笑わせた。

 原作・周良貨、漫画・能田茂による人気漫画「監査役野崎修平」を連続ドラマ化。バブル経済が崩壊し、“金融ビッグバン”に銀行業界が直面した1990年代末を舞台に、金と権力が渦巻く社会で正義を貫き、奮闘する銀行員・野崎修平(織田)の活躍が描かれる。舞台あいさつには、共演の岸谷五朗、松嶋菜々子、古谷一行、権野元監督も出席した。

 織田は「作品が決まってから(自分に)ぴったりの役ですねと言われたんですけど、自分はそういうイメージなんですかね」と正義感が強く、熱い性格の主人公との共通点について言及。「僕はそんなにまじめに生きてきたつもりはないし、今は大人としてルールを守るよう心がけて生活していますけど、(野崎のように)こんなにしっかりとできるかなって。彼は甘いエサにもなびかない。僕はどうかなとも思うので正直演じていて苦しかった」と本音を吐露。

 松嶋とは映画『ホワイトアウト』以来、17年ぶりの共演だったというが、松嶋が「当時あまり一緒のシーンはなかったので久しぶりの共演という感じではなくて『初めまして』という感じでした」と振り返ると、織田も同調。銀行初の女性役員を目指す野心家の女性を熱演する松嶋に対し、「松嶋さんにそういう経済的なイメージがなかったのでどうセリフを言うんだろうと思っていたら、案外さらさらとやられていて、さすがだなって思いました」と松嶋の立ち振る舞いを絶賛する一幕も。

 岸谷は銀行の専務という実力者の役。役作りには3つのポイントがあったといい、「一つはオールバック。ぴかぴかのオールバックで、グリースを全8話の撮影で6つも使いました」と冗談交じりに紹介。「もう一つは大体妊娠8か月くらいのおなか。それとふてぶてしさ。最後のふてぶてしさだけが普段の自分にないので苦労しました」とのこと。権野監督は織田や、岸谷ら個性派がそろった本作のキャスティングについて「それぞれあくの強いメンバーばかり。毎日濃いなって思いながらやっていました」と振り返っていた。(取材・文:名鹿祥史)

「連続ドラマW 監査役 野崎修平」(全8話)は1月14日夜10時よりWOWOWプライムにて放送開始※第1話無料放送

シネマトゥデイの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索