城田優、プライベートで女性役を引きずり危機!

城田優、プライベートで女性役を引きずり危機!

 俳優の城田優が15日、都内で行われた「連続ドラマW バイバイ、ブラックバード」完成披露試写会に登壇し、同ドラマで担当した女性の繭美役に没頭するあまり、10何年来という親友を失う危機に見舞われたことを明かした。この日は、高良健吾、森義隆監督も来場した。

 本作は、人気作家・伊坂幸太郎のベストセラー小説を実写ドラマ化した作品。多額の借金のかわりに、死よりも深い恐怖が待つ「あのバス」に乗る運命のダメ男・星野一彦(高良)が、謎の組織から見張り役として送り込まれた体格のいい毒舌な女・繭美(城田)をお目付け役に、5股をかけていた5人の恋人に別れを告げる数日間を描く。

 繭美役のオファーを受けた城田は、「えっ、女?」と確認後、「やる。やりたい!」と即答したそうで、当時の心境を「(役者として)女という漢字一文字だけで直感的にやりたいと思った」とコメント。そして、エステに通ったりブラジャーをつけたりするという役作りで繭美役に挑むも、「繭美というキャラクターはすごく濃いし唯一無二なので、それを作ることに苦労しました」と訴えると、カメラテストで森監督から「もっとトゲトゲしく。優し過ぎる。城田くんの人となりが出ているから、もっと消せ」と言われ、「どんどん、包丁を研ぐように自分を研いでいった」と振り返った。

 ところが、そのせいで「プライベートでお友達を何人か失ったんだよね」と森監督から暴露されると、城田は「役を引きずらないタイプなんですけど、常にカリカリ、イライラ、何かに不満を抱くような感じになってしまって、10何年来の親友とも言えるような友達と初めてケンカというか、『お前なんだよ!』と言われました」と話すと、さらに「基本的に僕はラブ&ピースで生きているんですけど、(撮影していた昨年の)夏は結構オラオラでした。事件が沢山ありました」と、他にもトラブルがあったことを打ち明けた。

 一方で高良とは「共演して、心まで入っていける人はなかなかいないけど、健吾はそういう人」と新しい絆が生まれたことも報告するが、森監督が「顔合わせの時に、高良が『僕、城田くんと合わないと思います』と言っていた」とリークし、またもや友達を失う危機に直面。しかし、高良は「今の言葉足りないです。俺、しゃべれるかな……と思っただけです」と釈明し、城田を安心させていた。(取材:錦怜那)

「連続ドラマW バイバイ、ブラックバード」はWOWOWにて2月17日放送開始(全6話・第1話無料放送) 毎週土曜よる10時

関連記事

シネマトゥデイの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索