月9「コンフィデンスマンJP」韓国、中国で同時にドラマ化

月9「コンフィデンスマンJP」韓国、中国で同時にドラマ化

 4月9日より放送スタートする古沢良太脚本の月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」(フジテレビ系・月曜夜9時)が、韓国、中国でも同時にテレビドラマ化されることが19日、株式会社フジテレビジョンより発表された。22日にまで開催中のアジア最大の映像コンテンツ見本市「香港フィルマート」で明らかになった。

 本作は、“欲望”や“金”をテーマに、一見、平凡で善良そうな3人の信用詐欺師たちが、金融業界、不動産業界、美術界などさまざまな業界で、欲望にまみれた人間たちから大金をだましとる痛快エンターテインメント。長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が詐欺師にふんする。

 フジテレビでは昨今、中国市場において20作品のドラマ・リメイクを進めてきたが、とりわけ「相棒」シリーズ(テレビ朝日系)、や「リーガル・ハイ」シリーズ(フジテレビ系)などを手掛けてきた古沢良太の作品はアジア全域で人気。「コンフィデンスマンJP」の日本での放送に先駆け、韓国のKBS−KDB韓流コンテンツファンドが出資したスタジオ・インビクタス及び中国の大手製作会社が、古沢の脚本をもとに、それぞれ自国でドラマ製作を開始した。日本のテレビドラマが、放送・公開される前に、脚本の段階で異なる言語圏・文化圏での製作がスタートするのはこれが初の試みになるという。

 韓国、中国版のタイトルは、それぞれの国名を入れるかたちで「コンフィデンスマンKR」(韓国)、「コンフィデンスマンCN」(中国)となる見込み。また「コンフィデンスマンJP」は東南アジア各国に直後配信されるほか、世界82の国と地域での放送・配信が決定している。(編集部・石井百合子)

脚本家・古沢のコメントは以下の通り。

また新しい冒険に出る気分です。
エンターテインメントの世界にすでに国境はなく、世界中の制作者がよい原作や脚本を探し求めている、と年々強く感じていました。
そんな中フジテレビさんが提案してくれたのが、リメイクではなく、脚本をもとに三か国が競作するというアイディアです。身震いしない脚本家がいるでしょうか。
こうして実現すると重大な責任も感じていますが。
競い合うことでアジア全体のレベルがより上がれば素晴らしいですし、また日本のテレビドラマの在り方が国内の視聴率を取り合う時代から次の新たな時代へ進むチャレンジとしても、有意義な一歩になればと願っています。

関連記事

シネマトゥデイの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索