星由里子さん死去 74歳 司葉子&沢口靖子が追悼

星由里子さん死去 74歳 司葉子&沢口靖子が追悼

 病気療養中だった女優の星由里子さんが16日午後11時5分、心房細動及び肺がんのため京都市の病院で死去した。享年74歳。通夜・葬儀告別式は、家族の意思として家族葬にて執り行い、後日「お別れの会」が行われる予定。

 星さんは1961年に加山雄三主演映画『大学の若大将』を皮切りに、「若大将」シリーズで11作品にわたって主人公の恋人でヒロインの“澄ちゃん”を好演。大森一樹監督作『わが心の銀河鉄道 宮沢賢治物語』(1996)で日本アカデミー賞助演女優賞を受賞、舞台「佐渡島他吉の生涯」で菊田一夫演劇賞を受賞。テレビドラマではNHK朝の連続ドラマ「あぐり AGRI」(1997)、「科捜研の女」「こちら本池上署」シリーズなど。女優業のほか、「2時のワイドショー」の司会など活躍の幅を広げていた。

 近年はNHK BS新春時代劇「大岡越前」(2017)のほか、「ドクターX 〜外科医・大門未知子〜」(2016・テレビ朝日系)や「水戸黄門」(2017・BS-TBS)にゲスト出演。2016年公開の映画『校庭に東風吹いて』では沢口靖子演じるヒロインの母を、同年公開の『浅草・筑波の喜久次郎〜浅草六区を創った筑波人〜』では劇場の大家を好演していた。

 星さんと同じ東宝芸能に所属する女優で、生前に星さんと共演した司葉子、沢口靖子が追悼コメントを寄せた。コメントは以下の通り。(編集部・石井百合子)

<司葉子>
全く突然で驚きです。
3月下旬に、東宝芸能の懇親会でお会いした時は、お元気でした。
星さんのデビュー第1作は、東宝映画『すずかけの散歩道』で私と共演でした。
それから、めきめきと活躍をして明るく楽しい東宝映画で大活躍でした。後に舞台でも共演し、とても頑張りやさんでした。
強力なライバルがいなくなって残念です。

<沢口靖子>
デビュー映画『刑事物語3』、ドラマ「科捜研の女」、映画『校庭に東風吹いて』で娘役をやらせていただきました。
事務所の大先輩ですが、共演させて頂く度に、
「あなたにぴったりの役ね」
「あなたの代表作になると良いわね」
またお会いする度に「がんばってるわね。見てるわよ」と
いつも穏やかに優しくお声をかけて下さったことは忘れられません。
3 月にもお元気なお姿でお目にかかったばかりですので、まだとても信じられない気持ちです。
心よりご冥福をお祈り申しあげます。

関連記事

シネマトゥデイの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索