山崎賢人、久石譲と辻井伸行の初共演ステージにサプライズ登壇

山崎賢人、久石譲と辻井伸行の初共演ステージにサプライズ登壇

 13日、山崎賢人が主演した映画『羊と鋼の森』の公開を記念してピアニスト辻井伸行の特別コンサートが都内にあるサントリーホールで行われ、スペシャルゲストとして作曲家の久石譲が参加。さらにそこに山崎がサプライズで登場し、3人でトークイベントを行なった。

 映画のエンディングテーマとして使用された楽曲「The Dream of the Lambs」の作曲・指揮を久石、ピアノ演奏を辻井が担当したことから、2人のステージでの初共演が今回のコンサートで実現した。この日は「東京フィルハーモニー管弦楽団」とともに、指揮・久石、ピアノ・辻井で同曲が観客の前で演奏された。そしてそこに、シークレットゲストとして山崎が駆けつけた。

 山崎の登場に会場に集まった約2,000名からは大歓声が上がった。そのまま3人はトークイベントを実施し、久石は「調律師の姿をしっかり描き、本当に素敵な映画でした。ひたむきな青年を演じた山崎さんの繊細な演技も素晴らしかったです」と賞賛。辻井は「この映画に関わることができて本当に嬉しいです。主演の山崎さんやキャストの皆さんとご一緒できて、本当に光栄でした。またご一緒したいです」とコメントした。

 それに対して山崎は「ありがとうございます。本当に嬉しいです。お2人に作っていただいたこの曲が、映画を支えてくれました」と述べ、久石の呼びかけで急遽行われた2回目の「The Dream of the Lambs」の演奏後には、2人に花束を贈呈して固い握手を交わした。

 イベント後の山崎は「今日をすごく楽しみにしていました。生で演奏を聴き、(自身が演じた)主人公・外村の悩みながら、壁にぶつかりながら前に進んでいき成長していく姿が目に浮かんできて、感動しました。本当に素晴らしい曲をありがとうございます」と改めて感謝の言葉を送っていた。

 同作は第13回本屋大賞に輝いた宮下奈都の小説を『orange−オレンジ−』などの橋本光二郎監督が実写映画化した作品。ピアノの調律に魅了された新米のピアノ調律師・外村直樹(山崎)が、時に迷い、時に挫折しながらも成長していく姿を描いている。(編集部・海江田宗)
 
※山崎の「崎」は「たつさき」

関連記事

シネマトゥデイの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索