「警視庁ゼロ係」第3シーズンにも故・大杉漣さんの存在感

「警視庁ゼロ係」第3シーズンにも故・大杉漣さんの存在感

 テレビ東京の連続ドラマ「警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜THIRD SEASON」の放送を記念した防犯・交通安全パレードと会見が14日にJR阿佐ヶ谷駅前で行われ、小泉孝太郎、松下由樹、安達祐実、片岡鶴太郎らキャストが前シーズンまで出演していた故・大杉漣さんへの思いを口にした。

 本作は富樫倫太郎の小説「生活安全課0係」シリーズを原作にした刑事ドラマ。“空気は読めないが事件は読める”エリートキャリアで究極のKY刑事・小早川冬彦(小泉)と、“男まさりで口の悪い”ベテラン刑事・寺田寅三(松下)の迷コンビが事件解決に挑むさまを描いている。

 トークでは前シーズンまで亀山良夫係長役で出演し、今年2月に急性心不全のため亡くなった大杉さんへの思いをキャストが語る場面も。小泉は今でも大杉さんと「一緒に撮影している」と思っているといい、「漣さん(の存在)を感じるシーンをプロデューサーの皆さんが作ってくださっているので、僕の中では漣さんと共にサードシーズンも突っ走るつもりです」とコメント。

 松下も「今回の作品にもちゃんと亀山係長はいますので、そういう意味でゼロ係の今までのメンバーはそこにいるという感じです」と明かすと、安達は「それと同時に、漣さんがそこにいられなくて悔しいと思ってもらえるくらいの面白いドラマを作っていかなきゃと思います」と意気込んだ。

 また、亀山良夫係長の後任という役どころで、本シーズンより新係長・横山建夫を演じる片岡は、2年前のドラマ共演で大杉さんと最後に交わした会話の内容を紹介。当時61歳になったと告げると、「鶴さんもそうなりましたか。60代もなかなか捨てたもんじゃないですね」と言われたことがずっと心に残っていたといい、「この度、漣さんの後任で横山という役をやらせていただいて、精一杯、60代も捨てたもんじゃないと充実して、漣さんに見ていただいて、ささげていきたいと思っております」と語った。

 この日はドラマの舞台になった東京・杉並区の杉並警察署と協力し、「犯罪も事故もゼロ杉並〜毎日が『ゼロ』への挑戦〜」と題したイベントを実施。商店街を練り歩いた後に会見を行い、うだるような暑さの中、小泉たちは額に汗を浮かべながらも、観客からの「頑張って!」という声援にうちわを振って応じていた。平岡祐太、木下隆行、戸塚純貴、岸明日香も出席した。(取材・文:中村好伸)

連続ドラマ「警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜THIRD SEASON」は7月20日金曜20時よりテレビ東京で放送開始


関連記事

シネマトゥデイの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索