『コード・ブルー』3週連続の1位!圧倒的な強さ【映画週末興行成績】

『コード・ブルー』3週連続の1位!圧倒的な強さ【映画週末興行成績】

 土日2日間(8月11日〜8月12日)の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、人気ドラマを映画化した『劇場版 コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命−』が3週連続の1位を獲得した。

 トム・クルーズ主演の人気シリーズの第6弾『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』が2週連続の2位に、ディズニー/ピクサーの『Mr.インクレディブル』の14年ぶりの続編『インクレディブル・ファミリー』が2週連続の3位という結果になった。夏休みの時期にあわせて大作が多く公開されているなか、3週連続で首位となった『コード・ブルー』が、どこまで記録が伸びるのか注目を浴びている。

 公開から5週目を迎えた『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が4位になり、先週6位からのランクアップ。『ジュラシック』シリーズが、根強い人気を誇っていることを証明した。5位には、犯罪チームの活躍を描いた大ヒット映画シリーズ『オーシャンズ』の第4弾となる『オーシャンズ8』が初登場。アン・ハサウェイら豪華出演者たちが、女性だけの犯罪チームを演じている。

 また、口コミなどで評判が広がり全国で拡大公開中となっている『カメラを止めるな!』が11位。先週の10位から順位を1つ下げたが、今後、さらに上映館が増えることが決定しているため、再びランクインするのか期待が高まる。

 今週は『銀魂2 掟は破るためにこそある』『タリーと私の秘密の時間』『ペンギン・ハイウェイ』『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』『チャーチル ノルマンディーの決断』『閃光少女』などが公開される。(編集部・梅山富美子)

【2018年8月11日〜8月12日の全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)】※()内は先週の順位

1(1)『劇場版 コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命−』:3週目
2(2)『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』:2週目
3(3)『インクレディブル・ファミリー』:2週目
4(6)『ジュラシック・ワールド/炎の王国』:5週目
5(初)『オーシャンズ8』:1週目
6(7)『未来のミライ』:4週目
7(4)『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 〜2人の英雄(ヒーロー)〜』:2週目
8(5)『劇場版 仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)』『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film(アンフィルム)』:2週目
9(8)『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』:5週目
10(9)『センセイ君主』:2週目


関連記事

シネマトゥデイの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索