横浜流星、グリーンボーイズでの音楽活動は「夢のような時間」

横浜流星、グリーンボーイズでの音楽活動は「夢のような時間」

 横浜流星が22日、新宿バルト9で行われた映画『キセキ −あの日のソビト−』『愛唄 −約束のナクヒト−』イッキ見上映トークイベントに出席した。横浜は『キセキ』で共演した菅田将暉、成田凌、杉野遥亮と結成した「グリーンボーイズ」での音楽活動を振り返った。

 GReeeeNの代表曲「キセキ」の誕生秘話を描いたヒット作『キセキ』のスタッフ・キャストが再集結した『愛唄』の公開を記念して行われた本イベント。大きなスクリーンで両作品を一気に観られる機会となった。上映前には、横浜をはじめ、両作に出演した野間口徹、奥野瑛太、そして『愛唄』で監督を務めた川村泰祐が集結し、作品にまつわるトークを繰り広げた。

 大勢の観客で埋まった会場内を見渡した横浜は「みなさん、本日はお集まりいただいてありがとうございます。イッキ見上映ということで、4時間。とてもボリューミーですが、楽しんで帰ってください」とあいさつ。スクリーンで再び『キセキ』を鑑賞できるとあって「本当に羨ましいです。空いている席があるなら僕も観たいですよ」と口にした。

 登壇者たちは、両作の場面写真などが映し出されたスクリーンを見ながらトークを展開。『キセキ』の写真を見た横浜は「懐かしいですね。メガネをかけていたので、今日もかけてくればよかったなと。当時はまだ19歳だったので、成人していなかったですからね」と懐かしそうに語る。このとき横浜は、菅田らと「グリーンボーイズ」を結成し、さいたまスーパーアリーナでのライブやCDデビューなどを体験。「役者では経験できないようなことをさせてもらって、たくさんの方が拍手してくれて。スターなのかなと思ってしまうような……。本当に夢のような時間でしたね」としみじみ振り返った。

 『愛唄』では、横浜が共演者の清原果耶、飯島寛騎とともにGReeeeNの名曲「愛唄」を熱唱する特別ミュージックビデオを制作。横浜は「歌い出しは自分からなので、相当プレッシャーでしたね」と振り返るも「ただ、3人だからこその『愛唄』ができたかなと思いますし、(横浜が演じた)トオルだったときを思い出しながら歌いました。いろんな感情を思い出して、いいMVができたと思いました」と満足げな顔を見せた。

 そして、これから映画を観る観客に対して、横浜は「『キセキ』がたくさんの方に愛されて大ヒットとなったので、『愛唄』も負けずに愛される作品になればいいなと思います。もし面白いと感じたら、たくさんの方に広めていただけたらうれしいです」と呼びかけていた。(取材・文:壬生智裕)

映画『愛唄 −約束のナクヒト−』は1月25日より公開


関連ニュースをもっと見る

関連記事

シネマトゥデイの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索