『万引き家族』アカデミー賞外国語映画賞ノミネート!日本映画10年ぶりの快挙【第91回アカデミー賞】

『万引き家族』アカデミー賞外国語映画賞ノミネート!日本映画10年ぶりの快挙【第91回アカデミー賞】

 現地時間22日、第91回アカデミー賞の候補作が発表され、是枝裕和監督の『万引き家族』が外国語映画賞にノミネートされた。日本映画の候補入りは、2009年に同部門で受賞した『おくりびと』以来、10年ぶりの快挙となる。

 『万引き家族』は、東京の片隅で生活のために犯罪を重ねる一家の姿を通して、本当の家族の絆を問う人間ドラマ。昨年の第71回カンヌ国際映画祭において、日本映画として21年ぶりに最高賞パルムドールに輝いた。昨年9月に亡くなった樹木希林さんほか、リリー・フランキーさん、安藤サクラさん、松岡茉優さん、子役の城桧吏くん、佐々木みゆちゃんらが出演。日本では累計興行収入45億円(興行通信社調べ・推定概算)を突破する大ヒットを記録し、15日に発表された第42回日本アカデミー賞では、最多13の優秀賞を獲得している。

 パルムドール受賞の勢いを受け、アカデミー賞前哨戦でも注目を浴びており、第44回ロサンゼルス映画批評家協会賞で外国語映画賞を受賞。また受賞は逃したが、第76回ゴールデン・グローブ賞でも、邦画の実写作品として28年ぶりに外国語映画賞にノミネートされており、『おくりびと』以来となるオスカー獲得への期待が高まる。

 同部門ではそのほか、アルフォンソ・キュアロン監督の『ROMA/ローマ』(メキシコ)、『COLD WAR あの歌、2つの心』(ポーランド)、『カペナウム(英題) / Capernaum』(レバノン)、『ネバー・ルック・アウェイ(英題) / Never Look Away』(ドイツ)などがノミネートされた。(編集部・入倉功一)

第91回アカデミー賞授賞式は、2月25日(月)午前8時30分よりWOWOWプライムにて生中継


関連記事

シネマトゥデイの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索