アンドリュー・G・ヴァイナさん死去 『ランボー』などヒット作手掛ける

アンドリュー・G・ヴァイナさん死去 『ランボー』などヒット作手掛ける

 映画『ランボー』シリーズ、『エンゼル・ハート』『トータル・リコール』などで製作総指揮を務めたプロデューサーのアンドリュー・G・ヴァイナさんが、1月20日(現地時間)ハンガリーのブダペストにある自宅で74歳で亡くなったとハンガリー国立映画基金が発表した。

 アンドリュー・G・ヴァイナさんは、1944年ハンガリーのプダペスト生まれ。1956年のハンガリー動乱時に赤十字の援助を受けてカナダに移り、その後家族と共にロサンゼルスに移住。カリフォルニア大学ロサンゼルス校で映画を学ぶが、独立してフォトスタジオを立ち上げるものの失敗。その後、美容師になり、香港でカツラを製造するギルダ・ファッションを立ち上げる。1976年にマリオ・カサールと共にカルロコ・ピクチャーズを設立し、『ランボー』シリーズ、『ターミネーター』シリースの第3弾、第4弾などのアクション映画から、『ニクソン』『スカーレット・レター』『エビータ』などのドラマまで手掛けた。

 彼の死についてアーノルド・シュワルツェネッガーは「(彼は)親愛なる友人で、ハリウッドの革命的な力だった。彼は大作を作るのに、スタジオが必要ないことを証明してくれた」とツイートし、一方、シルヴェスター・スタローンは「(彼は)先駆者で、彼が『ランボー』シリーズの製作をかなえた。彼は誰も(製作を)信じていないときに、『ランボー』の製作を信じてくれた。彼の死は本当に胸が張り裂けそうだ」とInstagramでコメントを残した。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

シネマトゥデイの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索