『ボヘミアン・ラプソディ』興収100億円を突破!11週目も絶好調

『ボヘミアン・ラプソディ』興収100億円を突破!11週目も絶好調

 日本でも大ヒットを記録し、社会現象を巻き起こしている映画『ボヘミアン・ラプソディ』の日本での興行収入が、22日までに100億円を突破した。世界的に見てもこれはクイーンが生まれたイギリスや、同じく大ヒットを記録している韓国を抜いて、アメリカに次ぐ世界で2番目の数字となっている(数字は配給調べ)。

 本作はロックバンド、クイーンのボーカルであるフレディ・マーキュリーの半生を描いた音楽ドラマ。昨年11月9日に日本公開され、11週目を迎えた先週末の全国映画動員ランキングでも、木村拓哉が主演した初登場の『マスカレード・ホテル』に続いて第2位をキープする絶好調で、この数字がどこまで伸びるのか注目したい。

 2018年に公開された作品としては『劇場版 コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命−』(92.3億円・興行通信社調べ)、『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』(91.8億円・興行通信社調べ)を抑えて、興行収入ナンバーワンを記録。拍手や発声が認められた応援上映なども盛り上がりを見せ、リピーターが続出したことや、クイーンをあまり知らない若い世代にも広がったことが要因のようだ。

 作品としての評価も高く、昨日発表された第91回アカデミー賞のノミネーションでは作品賞、主演男優賞(ラミ・マレック)ほか計5部門の候補に。フレディ役のラミをはじめとするキャストたちの成りきりや、クイーン伝説のパフォーマンスとして語られるチャリティー音楽イベント「ライヴ・エイド」シーンの完コピぶりなどが絶賛を集めている。

 ラミはアカデミー賞ノミネートを受け、「本作に関わったすべてのキャストやスタッフを代表してアカデミー会員に感謝します。そして、プロデューサーのグレアム・キング、デニス・オサリヴァン、20世紀フォックス映画、ニュー・リージェンシー(製作会社)、そしてブライアン・メイとロジャー・テイラーと“クイーン”へ大感謝です。フレディ・マーキュリーを演じられたことは一生の宝物で、このノミネートは偉大なるフレディを称える勲章です」とコメントを寄せている。(編集部・中山雄一朗)


関連記事

シネマトゥデイの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索