酒井美紀「白線流し」ロケ地再訪 『4月の君、スピカ。』友情出演

酒井美紀「白線流し」ロケ地再訪 『4月の君、スピカ。』友情出演

 俳優の酒井美紀と大谷亮平が、福原遥と佐藤大樹(EXILE / FANTASTICS)がダブル主演を務める映画『4月の君、スピカ。』に友情出演。出演にあたり酒井は、本作のロケ地であり、自身が出演した人気ドラマ「白線流し」の思い出の地でもある、長野県・小川天文台を再訪した。

 『4月の君、スピカ。』は、高校の天文部を舞台に、一人の少女と二人の青年による甘く切ない三角関係を描いたラブストーリー。累計発行部数120万部を突破する杉山美和子の人気コミックを、映画『NANA』『黒執事』などの大谷健太郎監督が実写映画化した。

 酒井は、主人公たちが通う天文台の管理人として友情出演。長野県の小川天文台で行われたロケに参加した。この小川天文台は、1996年にフジテレビ系で放送され、酒井がヒロインを務めた大ヒットドラマ「白線流し」にも登場した場所で、酒井にとっても久々のロケ地再訪となった。

 劇中で酒井は、物語のキーとなる天体に関しての解説をして、主人公たちの恋愛模様の盛り上げに一役買うことになる。一方の大谷は、主人公たちが通う学校の購買のおじさん役で出演。恋に悩む主人公・早乙女星(福原)にアドバイスを与え、陰ながら支える役どころを務める。

 本作には福原と佐藤をはじめ、鈴木仁、井桁弘恵、夏目かな、南山あずさ、大原優乃など、フレッシュなキャストが集結。超スパルタの進学校に入学して勉強にも友達関係にも悩むヒロイン・星(福原)が、天文好きの無口な美少年・大高深月(鈴木)と、少しチャラめな学年トップの秀才・宇田川泰陽(佐藤)に誘われて天文部に入ったことからはじまる恋愛模様が展開する。2019年春に全国公開予定。(編集部・入倉功一)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

シネマトゥデイの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索