オスカー候補ならず… 意外なあの人、あの作品!【第91回アカデミー賞】

オスカー候補ならず… 意外なあの人、あの作品!【第91回アカデミー賞】

 第91回アカデミー賞のノミネーションが22日、発表されたが、意外にもノミネートを逃した人物や作品を紹介したい。

 まずは『アリー/スター誕生』のブラッドリー・クーパー監督。レディー・ガガが映画初主演を務めた同作でスター歌手のジャクソンを演じただけでなく、監督デビューも果たしたブラッドリーは、監督としての手腕も高く評価され、オスカー候補入りが期待されていたが、監督賞ノミネートはならず。とはいえ主演男優賞にノミネートされたほか、映画は作品賞、主演女優賞(ガガ)、助演男優賞(サム・エリオット)など計8部門で候補になっている。

 あの『ラ・ラ・ランド』を抑えて、第89回アカデミー賞の作品賞に輝いた『ムーンライト』のバリー・ジェンキンス監督最新作として期待される『ビール・ストリートの恋人たち』は作品賞、監督賞あたりも予想されたが、どちらもかなわず。結果は脚色賞、助演女優賞(レジーナ・キング)、作曲賞の3部門だった。主人公の母親を演じたレジーナは、第76回ゴールデン・グローブ賞で助演女優賞を受賞するなどオスカーも有力視されている。

 『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督とライアン・ゴズリングが再タッグを組んだことで話題の『ファースト・マン』は主要部門から外れ、録音賞、音響編集賞、視覚効果賞、美術賞の4部門。ライアン演じるアポロ11号の船長、ニール・アームストロングの妻にふんしたクレア・フォイは、ゴールデン・グローブ賞の助演女優賞にノミネートされていたが、オスカーからは無視された。

 『君の名前で僕を呼んで』で脚光を浴び、昨年の主演男優賞にノミネートされた若手注目株、ティモシー・シャラメは『ビューティフル・ボーイ』で助演男優賞ノミネートを期待する声も多かったが、候補入りせず。助演男優賞は『グリーンブック』のマハーシャラ・アリ、『キャン・ユー・エヴァー・フォーギヴ・ミー?(原題) / Can You Ever Forgive Me?』のリチャード・E・グラント、『ブラック・クランズマン』のアダム・ドライヴァー、『バイス』のサム・ロックウェル、『アリー/スター誕生』のサム・エリオットという顔ぶれだった。

 逆に『ブラックパンサー』がアメコミ映画として初めて作品賞にノミネートされたり、日本でも社会現象を巻き起こした『ボヘミアン・ラプソディ』が5部門で候補になったり、日本から是枝裕和監督の『万引き家族』と細田守監督の『未来のミライ』の2作品がノミネートされるなど、話題十分の今年のオスカー。授賞式は現地時間の来月24日に米ロサンゼルスで開催される。(編集部・中山雄一朗)

第91回アカデミー賞授賞式は、2月25日(月)午前8時30分よりWOWOWプライムにて生中継


関連記事

シネマトゥデイの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索