「きのう何食べた?」西島秀俊&内野聖陽主演で連ドラ化!男性カップルの豊かな食生活描く

「きのう何食べた?」西島秀俊&内野聖陽主演で連ドラ化!男性カップルの豊かな食生活描く

 週刊モーニングで連載中のよしながふみの漫画「きのう何食べた?」が、西島秀俊(47)と内野聖陽(50)のダブル主演で連続ドラマ化。テレビ東京系の4月クール深夜枠(毎週金曜深夜0時12分〜※テレビ大阪は翌週月曜深夜0時12分〜)で放送されることが24日、同局より発表された。同性カップルの悲喜こもごもを「食」を軸に描く物語で、西島が料理上手で几帳面な弁護士・筧史朗に、内野がその恋人で人当たりの良い美容師・矢吹賢二にふんする。

 原作は、「大奥」「西洋骨董洋菓子店」などで知られる漫画家・よしながふみの、累計発行部数500万部(電子版含む)突破の人気漫画。2LDKのアパートで同居するシロさんこと四朗と、ケンジ。対照的な性格の2人の日常が、シロさんのおいしく安上がりなレシピと豊かな食事のシーンとともに描かれる。

 月の食費を2万5千円以内に抑えることを目標とする、倹約家で家庭的なシロさんを演じる西島は「元々、原作の大ファンだった」と言い、「お話しをいただいた時は非常に嬉しかったです。たくさんのファンをもつ作品なので、とにかく丁寧に真摯に作品に向き合いたいと思います」と意気込みをアピール。

 一方、柔らかな雰囲気を持つケンジ役の内野は、「実はこの作品はかなり前から企画されていたんですが、スケジュールがなかなか合わず、流れに流れてようやくここにこぎ着けた感じなので本当に楽しみですし、まだどう演じようか思案中ですが、二人の関係をごく自然に演じたいと思ってまして、そこが自分の中で楽しみな課題ですね」とコメント。「今回、写真撮影をしてみて、みんなに大丈夫大丈夫、イケてるって言われて、やっとホッとしているような段階です(笑)」とケンジの衣装をまとった感想を明かしている。

 なお、2人は本作が初共演。西島は「非常にスケールの大きな役者さんで、徹底的に役作りをされるということを聞いています。内野さんの圧倒的なエネルギーが、シロさんとケンジの穏やかで細やかな日常の表現に全部込められるのかなと思うと、今から本当に楽しみです」、内野は「写真撮影で初めてお会いしたのですが、思った通りのいい男で、シロさん役にぴったりで。自分はまだ役は中に入っていませんが、きっと西島さんとなら自然なふたりの空気感が醸し出せるんじゃないかなと期待して楽しみにしているところです」とそれぞれ共演に期待を込める。

 脚本は、「失恋ショコラティエ」(2014・フジテレビ系)、「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- THE THIRD SEASON」(2017・フジテレビ系)などの安達奈緒子。演出に、映画『嘘を愛する女』の監督を務めたCMディレクター、映画監督の中江和仁らが名を連ねている。(編集部・石井百合子)

ドラマ24「きのう何食べた?」は4月クール、毎週金曜深夜0時12分〜テレビ東京系にて放送(テレビ大阪は翌週月曜深夜0時12分放送)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

シネマトゥデイの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索