安田顕、妻からのダメ出しにリベンジ!

安田顕、妻からのダメ出しにリベンジ!

 俳優の安田顕が23日、都内で行われた主演映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』の公開記念舞台あいさつに出席し、軽快なトークで会場を沸かせた。

 原作者の宮川サトシの実体験をつづったエッセイ漫画を実写化した本作は、がんを告知された母と息子が過ごした日々と、その後の物語を描く。安田のほか、母親役の倍賞美津子、出演者の松下奈緒、本作のメガホンを取った大森立嗣監督も登壇。終盤には原作者の宮川も駆けつけ、主要キャストと監督を描いたイラストを登壇者にプレゼントする演出も行われた。

 舞台あいさつは大スクリーンがある広い劇場で行われ、安田はほぼ満席の客席を見回し感無量の表情。「こんなに大きな劇場で……。超大作みたいですね。もっとこじんまりした場所かと思っていたんです」と照れ笑い。すでにこの映画を観た妻が、安田の宣伝コメントに注文を付けたというエピソードもにこやかに回顧した。

 妻から「あなたはよく、この映画を観た後は温かい気持ちになって前向きになれる自分がいると言うじゃない、それだけじゃ弱い」と指摘されたといい、安田はこの日、改めて作品について語る中、「歩いていて、どうしても立ち止まってしまう時、そんな時にちょっと背中を押してくれる、すっと前に歩き出せる映画だと思っています」と新たな宣伝文句を言い足して、夫人の指摘にリベンジした。

 映画に絡め、自身の母親の存在について「うちの母は僕の目の前でカレーを零した瞬間に『わたしじゃない』って。そういう母なんです」とそのチャーミングな様子を紹介。「小学校の時まで日本舞踊を習えるようないい家に住んでいたのに、(経営していた商店が)潰れて中学の時は自分で新聞配達をやったりしていたみたいです。その時に偏見の目で見られることが一番悔しかったって」と母の言葉を思い返した。

 さらに「逆に一番嬉しかったことを聞くと『お兄ちゃんとあなたを産んだことよ』って。そんな母がカレーを零して『わたしじゃない』って言った時にそれまで経てきた母の人生を垣間見た気がしたんです。こんな母から生まれてよかったなって思った」と明かした。

 映画については「シンプルにこういう作品に携われたことが嬉しいです」と述べ、「キャストの皆さん含め監督、皆さんと出会えたこと、倍賞美津子さんを自分の母親として過ごせたこと。大森組でこの撮影をできたことに心から感謝申し上げます」と話していた。(取材・文:名鹿祥史)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

シネマトゥデイの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索