Kelelaの初アルバム『Take Me Apart』10月発売 日本盤に初CD化音源

Kelelaの初アルバム『Take Me Apart』10月発売 日本盤に初CD化音源

Kelelaのデビューアルバム『Take Me Apart』が10月6日にリリースされる。

2013年にロサンゼルスのレーベルFade to Mindから発表されたミックステープ『Cut 4 Me』で注目集めたシンガー・Kelela。2015年にはEP『Hallucinogen』をリリースしたほか、Solange『A Seat At The Table』、ダニー・ブラウン『Atrocity Exhibition』、Gorillaz『Humanz』などの作品に参加するなど、多くのアーティストとコラボレーションも行なっている。

初のアルバムとなる『Take Me Apart』はWarp Recordsからリリース。日本盤にはArcaがプロデュースした“A Message”と、Fade to Mindの主宰Kingdomや、Girl Unit、Obey Cityらがプロデュースした“Rewind”がボーナストラックとして収められる。両曲がCDに収められるのは今回が初。

今回の発表とあわせて収録曲“LMK”のPVが公開。PVの監督はBjorkのコラボレーターとしても知られるアンドリュー・トーマス・ホワンが手掛けた。

Kelelaは同作について「このアルバムは個人的な記録だけど、わたしのアイデンティティの政治的な背景が、どんな音にするとか、わたしの脆さや強さをどう表現するのかということを特徴づけているの。わたしは黒人女性で、エチオピア系アメリカ人の移民二世で、R&Bやジャズやビョークを聴いて郊外で育った。そういったすべてが、いろいろなところに表れているわ」とコメントしている。

関連記事

CINRA.NETの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索