ドラマ『死にたい夜にかぎって』のエンディング主題歌“死にたい夜にかぎって”をアイナ・ジ・エンド(BiSH)が担当することがわかった。

爪切男の同名小説をもとにした『死にたい夜にかぎって』は、女性への様々なトラウマを抱えながらも女性に強い憧れを抱く主人公・小野浩史の半生を描いた作品。主演を賀来賢人が務める。

爪切男との対談や『死にたい夜にかぎって』文庫版の解説執筆を行なっているアイナ・ジ・エンド。初の書き下ろし曲となる“死にたい夜にかぎって”は、アイナ・ジ・エンドが作詞、作曲、関口シンゴ(Ovall)が編曲を手掛けた。

今回の発表とあわせてティザー映像が公開。2月13日にはJ-WAVEのラジオ番組『GROOVE LINE』で初オンエアされるほか、2月25日には配信リリースされる。なおアイナ・ジ・エンドは2月19日に行なわれる第1話先行試写会のトークイベントにも出演。

■アイナ・ジ・エンド(BiSH)のコメント
“死にたい夜にかぎって”に出会えたことは、宝物です。

読んでいて、笑い転げそうになった次の瞬間、じんわり涙が出てきたり。
“生きる”ということをユニークに考えさせてくれました。
そして何より、死にたい夜にかぎってのおかげで、死にたい夜を超えていくことができました。

初めて読んでから、2年経った今。
人生初めての“曲の書き下ろし”をさせていただきました。
こんなことになるとは、あの当時思ってもいませんでした。

皆様の耳に、どう馴染んでいってくれるのか、とてもドキドキしております。
ドラマ"死にたい夜にかぎって"に一つ華を添えられたら幸いです。