映画『君は永遠にそいつらより若い』が2021年に公開予定であることが発表された。

小説家・津村記久子のデビュー作で、『第21回太宰治賞』を受賞した同名小説をもとにした『君は永遠にそいつらより若い』。児童福祉職への就職が決まり、大学卒業を控える「変わり者」の堀貝佐世は、過去に痛ましい経験を持つ猪乃木楠子と独特な関係を築いていくが、やがて「友人の友人」である穂峰が自ら命を絶ち、堀貝を取り巻く日常の裏に潜む暴力と哀しみが浮き彫りなるというあらすじだ。

バイトと学校と下宿を行き来し、手持無沙汰な日々を送る主人公・堀貝佐世役を佐久間由衣、堀貝と同じ大学に通う猪乃木楠子役を奈緒が演じる。監督と脚本は『あかぼし』『スプリング、ハズ、カム』の吉野竜平。撮影は今春から開始される予定だ。