やくしまるえつこの企画イベント『わたしは人類:ミューテーションヒルズ』が、本日2月14日から東京・六本木ヒルズで開催されている。

『わたしは人類』は、やくしまるえつこが「人類滅亡後の音楽」をコンセプトにバイオテクノロジーを用いて制作した作品。『アルスエレクトロニカ』STARTS PRIZE部門でグランプリを受賞した。

『わたしは人類:ミューテーションヒルズ』は、スマートフォンで特設サイトにアクセスして六本木ヒルズを散策することで、やくしまるが仕掛けた『わたしは人類』の「変異体」を見つけていくというユーザー参加型企画。それぞれの「変異体エリア」に到達すると、『わたしは人類』が変異した様々な音楽や画像を体験することが出来る。変異体は、アート・リンゼイ、真鍋大度による初公開のリミックス音源、同じく初公開となるウィスット・ポンニミットが『わたしは人類』をモチーフに描き下ろした漫画作品、2種類のライブバージョンの全5種類。

六本木ヒルズの東京カルチャーリサーチで2月26日まで開催中の『YXMR FASHION RESEARCH やくしまるえつこ衣裳展』では、『わたしは人類:ミューテーションヒルズ』を記念して、河村康輔によるコラージュビジュアルを用いた「変異版ポスター」が公開された。また、3月29日まで開催中の『未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか』で『わたしは人類』が展示されている森美術館のミュージアムショップでは『わたしは人類:ミューテーションヒルズ』の記念Tシャツを販売中。