映画『ぐらんぶる』の挿入歌をsumikaが担当することがわかった。

井上堅二、吉岡公威の同名漫画を映画化する『ぐらんぶる』は、ダイビングサークルを舞台にした青春コメディー。大学進学を機に海辺の町に引っ越し、叔父の営むダイビングショップ「GRAND BLUE」に下宿することになった北原伊織役を演じる竜星涼と、あるきっかけで伊織と衝撃的な出会いを果たす同級生・今村耕平役を演じる犬飼貴丈のダブル主演となるほか、映画初出演の与田祐希(乃木坂46)がヒロインの古手川千紗役にキャスティング。5月29日公開。

挿入歌はsumikaが書き下ろした“唯風と太陽”。主題歌にはsumikaが書き下ろした楽曲“絶叫セレナーデ”が起用されており、予告編で聴くことができる。両楽曲の発売は現時点では未定。