湯浅政明監督のNetflixオリジナルアニメシリーズ『日本沈没2020』の声優陣が発表された。

2020年にNetflixで配信される同作は、小松左京のSF小説『日本沈没』をもとにした作品。大地震に襲われた2020年の日本を舞台に、武藤歩と弟の剛が刻々と沈みゆく日本列島に追い詰められながらも、家族と共に東京から脱出し、懸命に生き抜こうとする様を描く。

声の出演が明らかになったのは、上田麗奈、村中知、佐々木優子、てらそままさき。上田麗奈はオリンピックを目指して陸上に打ち込む14歳の武藤歩役、村中知はオンラインゲームで世界と繋がる武藤剛役、佐々木優子は歩と剛の母親で、常に前向きな元水泳選手の武藤マリ役、てらそままさきは2人の父親で、頼れる存在の武藤航一郎役を演じる。

声優陣の発表とあわせて場面写真が公開。巨大な塔が折れ曲がり、炎に包まれる街や、歩が不安げに遠くを見つめる姿などが写し出されている。

■上田麗奈のコメント
・役が決まった時の気持ち
とても嬉しかったのと同時に、ドッと緊張が押し寄せてきました。
オーディションの時から、湯浅監督の中にしっかりとしたイメージが出来上がっているように感じましたし、オーディション用の原稿を読んだだけでも心を掴まれる感覚がありました。そんな作品に携われることがとても光栄であり、その分プレッシャーも…。
ドキドキしながらも、とにかく全力でぶつかってみよう、と気持ちを整えていきました。
・役を演じるにあたって意識したことや、役作りで参考にしたこと 
とっても不器用で、不安定で、可能性に溢れている歩。私が持っていないものを沢山持っている女の子です。年齢も、性格も、環境も、違いすぎるほど違う歩とどうすれば寄り添っていけるのか、毎回本当に悩みながら、挑み続ける収録でした。私が今までやってきた事を全部捨てる勢いで、真っ白になって頑張ってみよう。そんな思いでしたが、実際どのようにアウトプットされていったのか、私自身も把握出来ていないシーンが沢山あります。
・歩に共感する部分
人見知りで引っ込み思案。心の中で色んなコンプレックスが渦巻いているところに共感しました。日頃生活している中で、ネガティブな感情の方が強めに出てしまうのも、分かるな…と。歩の場合は、そこに思春期ならではの感情の起伏やコミュニケーションの取り方が乗っかってくるので、学生時代を思い返しながら、自分自身もどうにかあの頃の気持ちを取り戻せるよう、沢山悩みながらもひとつひとつ頑張りました。
・視聴者へのメッセージ
誰にも観せたくない。だけどすべての人に観て頂きたい。そんな風に思った作品に出会ったのは、はじめてかもしれません。収録時は未完成の状態だったこともあり、本編がどのようなことになっているのか、私もまだ分からないことが多くドキドキしています。
沢山悩みながらの収録でしたが、家族の行く末や、思春期で成長過程な歩だからこその最終話までの道のりに、注目していただけますと幸いです。宜しくお願い致します。