坂本龍一のライブ『Ryuichi Sakamoto: PTP04022020 with Hidejiro Honjoh』が4月2日18:30からdTVで無料生配信される。

同配信は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止に伴う外出自粛の状況を受けて実施。坂本龍一の「少しでもエールを送りたい」という思いからdTVとタッグを組んで企画された。dTVが無料生放送を行なうのは今回が初。スマートフォンやパソコン、dTV対応テレビなどから視聴が可能だ。ログインや会員登録の手続きは不要。なお坂本龍一は2月にも中国向けの2つのプログラムで無料配信を行なっている。

ライブは坂本龍一によるピアノソロを含むパフォーマンスに加えて、三味線奏者の本條秀慈郎とのデュオパートと、本條秀慈郎のソロパートの3部で構成。坂本龍一のオファーにより出演を快諾した本條秀慈郎は、演出家・蜷川幸雄から「その演奏は感動を呼び起こす」と称されたことでも知られ、国内外での活動を行なっている。

さらに坂本龍一の過去のライブ映像から『playing the piano europe 2009_Limited Edition』『Ryuichi Sakamoto | Trio Tour 2011 in Europe』『UTAU LIVE IN TOKYO 2010 A PROJECT OF TAEKO ONUKI & RYUICHI SAKAMOTO_Limited Edition』『GLENN GOULD GATHERING_Limited Edition』の4作品をdTVとcommmons公式YouTubeチャンネルで無料配信。本日3月27日21:00から配信の『playing the piano europe 2009_Limited Edition』を皮切りに4週間の期間限定で順次配信を行なう。

また、現在dTVサイトで無料配信中のdTVオリジナル作品62作品は、当初の配信終了予定日であった3月31日から5月15日に延長されることになった。

■坂本龍一のコメント
・今回のライブについて
中国・武漢での外出禁止令を皮切りに、2か月後には、NYをはじめ、アメリカでも外出禁止令が出て、イギリス、スペイン、イタリアなど、全世界中で外出できない人たちが増える中で、どこにも行けなくて不満が溜まっている人が世界中にいます。その中で、アーティストや音楽家たちがそこで何かやろうという動きが加速し、オンラインでの無料配信など様々な取り組みを行っています。そこで、僕個人としても日本国内向けにも何かできないか?と考え、今回僕からdTVに声をかけさせて頂きました。
・ライブの見どころと視聴者へのメッセージ
僕1人だと心もとないので、友人でもある三味線奏者の本條さんを呼びました。ライブでは、本條さんの三味線ソロや僕と2人のデュオも演ります。デュオは即興なので、演ってみないと分からない、スリリングなものになると思います。日本はまだ外出禁止令は出ていませんが、なるべく不要不急の外出をさけるべきこのパンデミックの状況下で残念ではありますが、家に引きこもって生配信をお楽しみください。